戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

本能寺の変をわかりやすく簡単に図解解説!明智光秀はなぜ裏切った?

f:id:Hakase1:20200125221000j:plain

本能寺焼討之図:出典wikipedia

今回は織田信長が信頼していた家臣の「明智光秀」によって討たれた「本能寺の変」

について解説していきたいと思います!

また、信長を討った後の光秀の動きや、本能寺の変を起こした理由についても考察し

ていきたいと思います。

 本能寺の変が起こるまでの信長とその主な家臣たち

 まずは本能寺の変が起こる直前に、信長と信長の主な家臣たちが、何処で何をして

いたのかを見ていきましょう。

信長、家臣の場所一覧図

f:id:Hakase1:20200104190259j:plain

信長、家臣の場所一覧/地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

織田信長

 信長は自分に敵対する西国の大名毛利氏と戦っていた、家臣の豊臣秀吉の援軍に行

く準備をするために、居城である安土城から京都へ向かっていました。本能寺の変が

起こった日はもちろん本能寺に泊まっていました。

織田信忠

 信長の嫡男(後継者)である信忠もまた、秀吉の援軍に行くために京都の妙覚寺とい

う寺に泊まっていました。

明智光秀

 本能寺の変の主人公的存在である光秀は、武田氏との戦いで功績を挙げた徳川家康

をもてなすように信長から命じられましたが、上手くいかず、信長に怒られました。

なので、もてなす役を他の家臣に代わってもらい、自分は秀吉の援軍に行きました。

豊臣秀吉

 信長の家臣である秀吉は、先に書きましたが毛利氏と戦っていて、備中国(現在の岡

山県西部)の方に居ました。

柴田勝家

 同じく信長の家臣である勝家は秀吉とは逆に、敵対している上杉氏(この頃には謙信

は死んでいました)と越中国(現在の富山県)で戦っていました。

徳川家康

 (信長と家康は正確にいうと同盟関係でしたが、実質信長の家臣だったため信長の家

臣という位置付けで書いています。)

 家康は武田氏との戦いで功績の挙げたので、信長にもてなされ、安土城に居まし

た。そこから旅行にも出掛け、本能寺の変が起きたことを知った時には、大阪の堺に

家臣と一緒に居ました。

そして本能寺の変へ…

 明智光秀は、先程も言いましたが信長に秀吉の援軍に行くように命じられ、秀吉が

戦っている所へ向かっていました。

しかし、何故か光秀は秀吉が居る方角とは逆の信長の居る方向に進み出します。光秀

の重臣たちでさえ、この時に信長を討つことを知ったとされています。

そして光秀軍は、本能寺を急襲しました。光秀が裏切ったことを知った信長も始めは

弓をとったり、槍をついたりして戦いますが、何しろ本能寺にいた兵約100人に対し

て、光秀軍の数10000人以上!当然勝てるはずもなく信長が自害します。

f:id:Hakase1:20200104190310j:plain

本能寺の変、勃発/地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

ここで本能寺の変は終わり…ではなくまだ続きます。

 

信長の後継者である信忠も光秀に狙われることになります。

 

本能寺の変を知った信忠は信長を助けにいこうともしますが、光秀を迎撃するため、

守りの固い二条新御所に移動して光秀と戦います。こちらもよく守りますが、やがて

二条新御所に光秀軍が侵入していき、信忠も自害します。

f:id:Hakase1:20200104190318j:plain

二条新御所での激闘/地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

 

ここまでが本能寺の変の全貌ですが、ここからは本能寺の変を知った家臣の行動を見

ていきましょう!

その時、周りの家臣は

毛利氏と戦っていた豊臣秀吉は、本能寺の変が起こったことを知ると、毛利氏が本能

寺の変を知る前に、すぐ和睦(戦いを終わらせる)し、ものすごい速さで光秀の居る場

所に向かいます。(これが有名な「中国大返し」ですね)そして光秀と決戦をして勝利

します。(山崎の戦い)

一方柴田勝家は、上杉氏が本能寺の変を知ってしまったこともあり、戦いが長引きま

す。そしてようやく勝家が光秀の居る場所へ向かおうとしたときには、すでに秀吉が

光秀を倒していました。

そして堺に居た徳川家康はその時お供していた人が少なかったので襲われたら危なか

ったのですが、何とか自分の領地に戻ります。そして光秀を倒すため兵を挙げます

が、その時には秀吉に先を取られていました。

明智光秀が裏切った様々な理由

光秀が本能寺の変を起こした理由については様々な説があり、未だに分かってはいま

せんが、有力な説としてはこのようなものがあります。

  • 怨恨説(信長から普段嫌がらせを受けていたから)
  • 野望説(信長に代わって天下統一を目指すため)
  • 四国説(光秀と仲の良かった四国の大名長宗我部元親を攻める計画があったため)

これら以外にも数十個の説があるので興味が有れば調べてはいかがでしょうか。

その後の光秀の動き

信長や信忠を討った後の光秀はいずれこちらに戦いを挑んでくるであろう秀吉たちに

対抗するため、仲の良かった大名たちに協力してもらうようにお願いしますが、あま

り協力してもらえず、

秀吉に討たれてしまうことになります。

まとめ

  • 明智光秀は本能寺の変で信長、信忠親子を討った
  • 本能寺の変、明智光秀は豊臣秀吉に討たれた
  • 本能寺の変を起こした理由については諸説ある

ということでここで「本能寺の変」の解説を終わろうと思います!

ご覧いただきありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ