戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

賤ヶ岳の戦いをわかりやすく簡単に図解解説!織田家臣中の天下争い

f:id:Hakase1:20200124205157j:plain

賤ヶ嶽大合戦の図:出典wikipedia

皆さんこんにちは!

今回は、「賤ヶ岳の戦い」について解説していきます!

この戦いは、「本能寺の変」で討たれた主君、織田信長の事実上の後継者として権威を振るっていた家臣の羽柴秀吉と、その勢いを止めんとする同じく家臣の柴田勝家による事実上の後継者を決める戦いでした。

 賤ヶ岳の戦いまで

 まずは、羽柴秀吉柴田勝家が戦うことになった背景から説明していきましょう。

本能寺の変から山崎の戦い

 そもそも両武将とも織田信長の家臣で敵対することもありませんでした。が、

本能寺の変が起こったことにより、主君の織田信長や、その後継者と見なされていた織田信忠明智光秀によって討たれ、情勢が混乱することとなります。そこで羽柴秀吉が動き、明智光秀と戦い(山崎の戦い)勝利することで、秀吉が大きな力を持つようになります。

本能寺の変山崎の戦いはこちらで解説しているので、是非ご覧ください。

本能寺の変

ikusa-zukan.hatenablog.com

 山崎の戦い

ikusa-zukan.hatenablog.com

清洲会議から勝家の不満

 秀吉が力を持つといっても、あくまで織田家と家臣としての立場での話でした。

なので信長亡き後、織田家の後継者を決める会議を重臣たちでしていくことになります。

これが清洲会議なるものです。

始めは柴田勝家が信長三男の信孝を推していましたが、秀吉らの意見によって信忠の子(信長の長男の長男)の三法師に決まります。

この時点で秀吉は、反逆者の明智光秀を倒しており発言力が強かったので秀吉の意見が通ったのでしょう。

この三法師はまだ幼く、勝家は「秀吉がこの子を操って、自分の思うがままにするのではないか」と疑問を抱き、ここから秀吉と勝家が対立していきます。

また、織田家中での領地配分で、勝家があまり領地をもらえなかったことも勝家の不満が爆発する一因でした。

秀吉の城攻め

秀吉と勝家の間の溝が深まるなか、動いたのは秀吉でした。

秀吉は大軍を率いて柴田勝家の甥である柴田勝豊の守る長浜城を攻めます。

 

f:id:Hakase1:20200124204024j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

勝豊は勝家にあまりよくしてもらえなかったこともあり、

わずか数日で降伏し、秀吉の味方になります。

また、この後織田信孝の守る岐阜城も落とし、降伏させます。

f:id:Hakase1:20200124204127j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

織田家の家臣である秀吉が、織田家の人物である信孝に歯向かうのは不思議に思いますが、これは織田家次男の織田信雄が秀吉に命じたものとされています。

家臣同士の争いをしているなかで、兄弟争いもしていたんですね。

しかもこの時勝家は大雪のため越前国(現在の福井県の一部と石川県の一部)にある居城北ノ庄城から兵を出せないでいました。

ここも考えての秀吉の行動だと考えると凄さを感じます。

滝川一益柴田勝家の挙兵

 ここで、織田信長重臣である滝川一益が勝家に味方することを決めます。

一益が敵になったことを知った秀吉は、一益の城を次々と落とし、居城の長島城まで追い詰めます。ですが一益達は強く抵抗し、

賤ヶ岳の戦いが終わっても城が落ちない程までに持ちこたえていました。

f:id:Hakase1:20200124204213j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

賤ヶ岳の戦い

布陣

こうした武将の戦いを勝家は指を咥えて見ているしかありませんでしたが、雪が溶け始めると、遂に進軍を開始します。

勝家ら3万の軍勢は、近江の柳ヶ瀬という場所に布陣します。

秀吉も城攻め中でしたが、城に1万の軍勢を置き5万の兵で、木之本という場所に同じく布陣します。

f:id:Hakase1:20200124204301j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

秀吉の戦線離脱

始めはお互いに様子をうかがっていましたが、秀吉は勝家と一益という2つの勢力とうまく戦うため、一旦長浜城まで少しの兵と共に帰還します。
しかしここで1本のニュースが飛び込んできます。

先ほど降伏していた織田信孝が、一益らと協力して再び秀吉に反旗を翻したのです。

3つの勢力を同時に相手することになった秀吉は、まず信孝から潰していくことに決めます。

こうして秀吉は、勝家軍とにらみ合いをしていた軍も一部引き連れて、信孝のいる岐阜城に向かいます。

f:id:Hakase1:20200124204329j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

これが勝家にとっての好機となりました。

佐久間盛政の猛攻

かなりの兵が戦場から退いていったのを見た勝家の家臣、佐久間盛政の軍は中川清秀

の守る大岩山砦を攻めます。

この猛攻に耐えられなかった中川清秀は討ち死に、清秀軍も壊滅的な状態に陥ります。

f:id:Hakase1:20200124204355j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

盛政軍の次の標的となった高山右近も、猛攻に耐えきれずに羽柴秀長のいる陣地に退きました。

f:id:Hakase1:20200124204414j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

さらに賤ヶ岳砦を守ることを諦めた桑森重晴も撤退を試みますが、急遽進路を変更し戦場にやって来た丹羽長秀の軍勢2000と合流することによって、賤ヶ岳砦が陥落することを防ぎました。

f:id:Hakase1:20200124204435j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

美濃大返し

こうした盛政の猛攻により秀吉軍は押され気味でした。

一方この状況を大垣城にいた秀吉が知ることとなると、わずか5時間でいった道を戻りました。

その距離52㎞!

f:id:Hakase1:20200124204450j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

これは時速で考えると有名な中国大返しよりも遥かに速い行軍でした。(通称美濃大返し

)

戦場に戻った秀吉はすぐさま佐久間盛政に攻撃を仕掛け、激戦となります。

f:id:Hakase1:20200124204503j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

この時に活躍したのが賤ヶ岳七本槍と呼ばれた人物でした。

ここでの説明は省きますが、この人物たちの活躍によって秀吉軍は盛政軍を押し返していきます。

勝敗を分けた裏切り

こうして苦戦していたところで、突如として前田利家の軍が撤退を開始しました。

何故かは諸説ありますが、一般的には秀吉とそもそも仲が良く、また勝家と婚姻関係を結んでおり仕方なく勝家側についていたからだと言われています。

f:id:Hakase1:20200124204634j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

それはともかく利家が撤退したことによって、秀吉の軍は士気を上げさらに攻撃し、勝つことが不可能だと悟った盛政は敗走を始めます。

 勝家の退却と自害

盛政軍が逃げると他の家臣も追撃してくる秀吉軍から逃げ出し、これにて賤ヶ岳の戦い羽柴秀吉の勝利で幕を閉じます。

f:id:Hakase1:20200124204718j:plain

地理院タイル(国土地理院)を加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

この後勝家は居城の北ノ庄城に逃げますが、攻められて自害してしまいます…

 まとめ

  • 清洲会議が戦いを起こすきっかけとなった
  • 始めは勝家側が優勢だった
  • 前田利家の裏切りによって勝家の敗北が決まった

いかがでしたでしょうか!

それではここで解説を終わります。

ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ