戦の図鑑

超わかりやすく戦を図解で解説していきます!

郡山合戦とは?伊達政宗反撃の一戦をわかりやすく図解解説!

 今回は、「郡山合戦」について解説していきたいと思います!

この記事でわかること
  • 郡山合戦が始まったきっかけ
  • どのように郡山合戦が行われたのか
  • どのように郡山合戦が終結したのか

郡山合戦までのいきさつ

大崎合戦

郡山合戦を解説する上で、まず大崎合戦という合戦を知っておく必要があります。

この戦いでは大崎家を巡って伊達家と最上家が戦った戦いで、最上義光はこの時伊達領に侵攻をしていました。

もちろん政宗は義光に対抗するため、兵を北側に集めていました。

そうなると、伊達家の南にある領土には兵がほとんど置くことができなくなります。

そしてこれを見て、伊達家のピンチを利用して自分の領土を広げてやろう、と考える大名もいました。

あわせて読みたい

ikusa-zukan.hatenablog.com

蘆名義広が便乗して挙兵

それが蘆名義広でした。

義広は義光が侵攻していたタイミングを見計らって、大内定綱に伊達領を南から攻めさせます。

しかもこの動きに合わせて小手森城の城主、石川光昌という武将が政宗を裏切り、政宗は北からも南からも敵の侵攻を受けることになります。

伊達政宗を裏切り蘆名側に寝返る石川光昌

伊達政宗を裏切り蘆名側に寝返る石川光昌

郡山合戦

伊達成実の奮戦

こうして蘆名家による侵攻が始まりますが、伊達政宗は最上家とも戦をしていたので、蘆名家と戦う用の兵をあまり集められずにいました。

それでも何とか防衛用の兵は集めることに成功します。

しかし、その数わずか6百ほど。

対する相手は4千以上も兵が居たので、伊達家は圧倒的不利。

この兵を率いていた伊達政宗の重臣伊達成実は、兵力差のためまともに戦ったらまずいと判断し、城に籠って戦うことを決意します。

f:id:Hakase1:20200316191543j:plain

伊達成実/出典Wikipedia

こうして防衛戦を始めた成実は、苗代田城など一部の城は取られてしまったものの、全体的には大内定綱の攻撃を耐え続けていくことになるのです。

大内定綱に対し徹底抗戦する伊達成実

大内定綱に対し徹底抗戦する伊達成実

調略作戦

このままでは、城を落とされるのも時間の問題と考えた政宗と成実は、ある作戦に出ます。

それが大内定綱への調略作戦でした。

定綱に「自分たちの領土をあげるから、代わりに味方になってくれないか」とお願いしたのです。

定綱は主君の蘆名家とはそこまで強い結びつきは無かったので、裏切りやすいのではないかと見込みがあっての提案でした。

この作戦は成功し、定綱が味方になることで一旦は南での戦いは終わります。

蘆名軍を撃退

一方定綱の裏切りに怒った義広は、さらに兵を本宮城に送って定綱を倒させようとします。

寝返った大内定綱を倒そうとする蘆名軍

寝返った大内定綱を倒そうとする蘆名軍

が、逆に撃退されてしまい失敗に終わることとなりました。

蘆名軍を撃退する大内定綱

蘆名軍を撃退する大内定綱

伊達政宗、反撃を開始

蘆名軍との戦いが落ち着いたので、政宗は自分を裏切った小手森城の城主石川光昌を自ら攻めることにしました。

小手森城を攻める伊達政宗

小手森城を攻める伊達政宗

光昌に味方していた相馬義胤は、この時光昌と共に戦おうとして兵を率いて小手森城に向かいます。

f:id:Hakase1:20200313144633j:plain

相馬義胤/出典Wikipedia

ですが、伊達家に味方する勢力に阻まれて小手森城に入ることができませんでした。

そうしている間に小手森城は陥落し、その勢いで政宗は次々と相馬方の城を落としました。

小手森城を陥落させる伊達政宗

小手森城を陥落させる伊達政宗

これに焦った義胤は、蘆名家佐竹家などに助けを求めることになります。

 一進一退の攻防

これに応じた両家は、連合軍として郡山城・窪田城に兵を進めました。

一方の政宗も最上家との戦いが一段落し、北にいた武将たちも郡山に向けて集結することになります。

両軍が郡山に集結し郡山合戦が始まる

両軍が郡山に集結し郡山合戦が始まる

ここから郡山城と窪田城を中心として、なんと40日も両軍は戦うことになるのです。

しかし、どちらも大きく攻めに行かず、中々決着が着きそうにありませんでした。

なぜ攻めに行かなかったのかは理由が2つあります。

それは

  1. 戦いがほとんど終わったとはいえ、大崎合戦がまだ終わっておらず、いざとなった時にすぐ北に向かえるようにするため
  2. 佐竹家が従っていた豊臣秀吉から戦を終わらせるように言われていたため
と、どちらも戦を起こした割には戦いたくなかったことが分かりますね。

和議が成立、終戦へ

というふうに、両軍とも積極的に攻めなくなっていったところに大崎合戦が終わったとのニュースが入ります。

大崎合戦が終わったのなら、わざわざ佐竹家や蘆名家だけで攻める必要も無くなるので、和議が成立し、戦いが終わることとなっていきました。

その後

こうして、政宗は人取橋の戦いから負け戦が続いていましたが、この勝ち戦から連戦連勝をしていきます。

そうして次に起こった「摺上原の戦い」で大勝利を収め、さらに勢力を拡大していくことになるのです……

まとめ

  • 大崎合戦に便乗する形で郡山合戦が同時進行した
  • 伊達成実らの奮戦で伊達家は勝ち戦に持っていった
  • しかし決定的な勝利が掴めずそのまま戦いが終わった

最後まで読んでいただきありがとうございました!