戦の図鑑

超わかりやすく戦を図解で解説していきます!

摺上原の戦いとは?奥州の覇者を決めた戦いをわかりやすく図解解説!

 この記事では、「摺上原の戦い」について解説していきたいと思います!

この戦は、伊達政宗蘆名義広が戦い、政宗が大勝しました。

この戦によって政宗は、「奥州の覇者」と呼ばれるまでになり、東北で最大のパワーを持つまでに成長していきます。

また、戦国大名としての蘆名家が滅ぶことになる戦いでもありました。

この記事でわかること
  • 摺上原の戦いが始まったきっかけ
  • どのように摺上原の戦いが行われたのか
  • どのように摺上原の戦いが終結したのか

摺上原の戦いのまでの両大将

まずは摺上原の戦いで戦った両大将について軽く解説していきます。

伊達政宗

伊達政宗

伊達政宗/出典Wikipedia

伊達家は鎌倉時代から東北地方南部を治めている大名です。

政宗の曾祖父である稙宗の時代に大きく勢力を伸ばしていましたが、内部での争いによって力を弱めていました。

政宗が当主になると、積極的に勢力を拡大しようとしますが

  • 人取橋の戦い
  • 大崎合戦

 などの戦いによって周りを敵に回してしまい、敗北が続いてしまいます。

しかし、その後に行われた「郡山合戦」では一応勝利を掴み取り、伊達家のピンチからも立ち直りつつありました。

蘆名義広

蘆名家家紋

蘆名家家紋/出典Wikipedia

蘆名家も鎌倉時代から東北地方南部を治めている大名です。

義広の4代前である盛氏の時代にピークを迎え、その後は後継ぎ問題などで衰退を始めていました。

因みに義広は蘆名家とは血が繋がっておらず、佐竹家の血を受け継いでいるので、佐竹家と行動を共にすることになります。

摺上原の戦いまで

伊達、田村vs岩城、相馬

戦いのきっかけは政宗の妻(愛姫)の実家、田村家への侵攻でした。

田村家と仲の悪かった岩城常隆が、相馬義胤と連携して田村郡に攻め始めたのです。

田村郡に侵攻する岩城常隆と相馬義胤

田村郡に侵攻する岩城常隆と相馬義胤

政宗は田村家と親戚なため、当然田村側につくことになります。

政宗の快進撃

敵の侵攻を知った政宗は、田村家を助けるため2万の大軍を率いて本宮城から出発し

  • 安子ヶ島城 (岩城方の城)
  • 高玉城 (岩城方の城)
  • 駒ヶ嶺城 (相馬方の城)
  • 蓑首城 (相馬方の城)

を落城させました。

安子ヶ島城、高玉城、駒ヶ嶺城、蓑首城を落城させる伊達政宗

安子ヶ島城、高玉城、駒ヶ嶺城、蓑首城を落城させる伊達政宗

自分の領地に深く侵攻されていたことを知った義胤は、自分の城を守るため攻撃をやめて田村郡から撤退をしていきました。

そして、常隆も義胤が撤退したことで自分も撤退をしていきました。

田村郡から撤退する岩城常隆と相馬義胤

田村郡から撤退する岩城常隆と相馬義胤

しかし、政宗はあくまで蘆名家を倒すことを目的としていました。

なので岩城と相馬への攻撃をやめ、蘆名領に攻撃を始めていきます。

要するに、岩城家と相馬家を蘆名家との戦いに参戦させたくなかったから城を落として威嚇した、ということです。

猪苗代盛国の裏切り

そんな時に、蘆名家の家臣猪苗代盛国が裏切って政宗につきます。

盛国は、猪苗代家の当主の座を息子の盛胤に譲っていましたが、裏切りを決めると

なんと盛胤のいる猪苗代城を乗っ取ってしまいました。

これに盛胤は怒り盛国は伊達家に、盛胤は蘆名家につくことになっていきます。

そこに政宗の率いる軍が入り、蘆名攻めの準備を着々と整えていくことになるのです。

蘆名義広の挙兵

一方の義広は、自分の父親が当主の佐竹家などと共に2万の軍勢で、伊達攻めをしようとしていました。

ですが自分の家臣の城であるはずの猪苗代城が乗っ取られ、そこに政宗がいると知ると、義広は急いで居城の黒川城に戻って体勢を整えます。

黒川城に逃げ帰る蘆名義広

黒川城に逃げ帰る蘆名義広

そして義広は再び出陣すると磐梯山麓に布陣し、対する伊達軍も磐梯山麓に布陣しました。

摺上原に集結する伊達政宗と蘆名義広

摺上原に集結する伊達政宗と蘆名義広

そして両軍はこの摺上原で激突することになるのです。

摺上原の戦い

こうして摺上原の戦いが始まりますが、伊達軍2万3千に対し、蘆名軍は1万6千

陣形なども同じことから戦いの前では伊達軍が少し有利だということがわかると思います。

摺上原に布陣を完了させる両軍

摺上原に布陣を完了させる両軍

風のせいで伊達軍劣勢

初めにぶつかったのは、猪苗代隊同士でした。

猪苗代同士でぶつかり摺上原の戦いが始まる

猪苗代同士でぶつかり摺上原の戦いが始まる

この時、戦場の摺上原には強風が蘆名軍から伊達軍に向かって吹いていました。

そのため伊達軍は砂ぼこりなどで目も開けていられなくなり、鉄砲もろくに撃てません。

そこに蘆名軍についた盛胤隊などが激しく攻撃していき、序盤は蘆名軍優勢で進んでいました。

ですが、後方の蘆名軍は攻撃に参加せず、見ていただけでした。

動かなかった蘆名軍後方

動かなかった蘆名軍後方
なぜ猪苗代同士で戦うことになったの?

先ほど説明したように、猪苗代家は親子ゲンカをしていたため、

  • 猪苗代盛国(父)=伊達軍
  • 猪苗代盛胤(息子)=蘆名軍

と両軍にわかれていたのです。

戦国時代では、裏切り者は最前線で戦ってもらって、裏切りが本当だということを確かめる風潮がありました。

なので裏切り者である盛国を最前線に出した政宗に対し、義広も

父が裏切ったからといってもお前は裏切らないよな

という確認をとるため、盛胤を最前線に出して戦わせたのではないかと思います。

風向きの変化、鉄砲隊の活躍

風と猛攻にひたすら耐えていた伊達軍でしたが、次第に風向きが変わっていきます。

 風が伊達軍に追い風となると、早速使えるようになった鉄砲隊で蘆名軍の横をドンドン射撃しました。

軍は横からの攻撃に弱いので、その弱点を上手く突いた攻撃だったのです。

これをきっかけに蘆名軍は混乱を始めました。

勝手な撤退から総崩れ

蘆名軍が劣勢になり始めたことを知った後方の部隊は、勝手に撤退を始めました。

勝手に撤退をする蘆名軍後方

勝手に撤退をする蘆名軍後方

蘆名軍は佐竹家などからも兵を集めていたため、結束力が無かったのです。

そうなるとかき集められた武将たちは

蘆名家のために被害を惜しまずに攻撃する<自分の兵の被害を惜しんで撤退する

といった考えになっていました。

後ろの部隊が撤退を始めると、せっかく奮戦していた部隊もさすがに戦う気を無くしてしまいます。

なので、最終的に蘆名全軍が総崩れとなっていきました。

総崩れとなる蘆名軍

総崩れとなる蘆名軍

逃げ道が川に塞がれる

こうして蘆名軍は撤退をすることになりましたが、伊達軍に当たらず逃げるためには

日橋川という川を渡らなければ行けません。

日橋川に橋があれば何にも問題はありませんでしたが、

なんと先に逃げた後方の部隊が、自分たちが渡り終わると勝手に橋を落としてしまったのです。

これは伊達軍が追ってこないようにするためでしたが、蘆名軍の前方部隊はまだ橋を渡っていませんでした。

そのため蘆名軍は、橋の無い川と伊達軍に挟まれて次々と討たれてしまいます

伊達軍と日橋川に挟まれ次々と討たれる蘆名軍

伊達軍と日橋川に挟まれ次々と討たれる蘆名軍

実際に蘆名軍はこの戦いで1800人も川に溺れて亡くなったそうです。

その後

この戦いによって義広自身は何とか生き延びましたが、多くの家臣を失います。

一旦は黒川城に戻った義広ですが、城で迎え撃つ兵がいなくなってしまったため、城を捨てて実家の佐竹家に逃げてしまいました。

黒川城を捨てて佐竹領に逃げる蘆名義広

黒川城を捨てて佐竹領に逃げる蘆名義広

そうなると、蘆名家の領土は無くなりますから、戦国時代の大名としての蘆名家は

滅亡したことになります。(後に復興しますが)

一方の政宗は、蘆名家の領土をほとんど手中に収めることに成功しました。

この戦いのおかげで、政宗は「奥州の覇者」の称号を手にすることになるのです。

まとめ

  • 田村家への侵攻から摺上原の戦いが始まった
  • 風向きが変わったことが勝敗を大きく分けた
  • 摺上原の戦いで蘆名家は事実上滅亡した

最後まで読んでいただきありがとうございました!