戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

耳川の戦いとは?釣り野伏大活躍の戦いをわかりやすく図解解説!

 今回は、「耳川の戦い」について解説していきたいと思います!

この戦いは九州で最大の権力者、大友宗麟島津義久とが戦いました。

この戦いでは、「釣り野伏」という戦法を駆使して、島津を大勝利へと導くことになるのです!

 耳川の戦いまでの両将

大友宗麟

f:id:Hakase1:20200221180553j:plain

大友宗麟/出典wikipedia

大友家は、鎌倉時代から九州北部を治めている大名で、戦国時代には当主大友宗麟のもと、最盛期で

  • 豊後国 大分県北部以外
  • 豊前国 福岡県東部、大分県北部
  • 筑前国 福岡県西部、北部
  • 筑後国 福岡県南部
  • 肥前国 長崎県、佐賀県(龍造寺家の支配下)
  • 日向国 宮崎県 半国
  • 伊予国 愛媛県 半国

を支配しており、九州での地位を絶対的なものにしていました。

しかし、「今山の戦い」で新興勢力の龍造寺家に弟の大友親貞を討たれてしまい、

まさに大友家の先行きが心配されるような状況にありました…

あわせて読みたい

ikusa-zukan.hatenablog.com

 

島津義久

f:id:Hakase1:20200221180630j:plain

島津義久/出典wikipedia

島津家は、大友家と同じく鎌倉時代から九州南部を治めている大名でしたが、戦国時代の直前には内部での争いなどで勢力が衰えていました

しかし、島津義久の祖父の時代から勢力を拡大させていき、島津義久が家督を継いだ後は薩摩国、大隅国(鹿児島県)を統一させていくのです。

しかも、この2つの国を統一させていった義久には更なる野望がありました。

それが「三州統一」というものです。

三州統一

三州統一

薩摩国、大隅国、日向国のことを合わせて三州というので、島津義久は次に日向国を支配しようと考えていたということですね。

耳川の戦いに至るまで

島津義久の伊東攻め

先ほども言ったように、島津義久は次に日向国を狙っていました。

そして、島津義久は日向国を治めている伊東家と戦いをし、次々と勝利を収めていきました。

島津家による日向国支配は、この時目前に迫っていたのです。

大友宗麟に助けを求める

島津との戦いに負けていった伊東家当主の伊東義祐は、これでは自分だけの力だけで島津に太刀打ちできないと考え、大勢力である大友宗麟に助けを求めました。

大友宗麟もその助けに応じ、3万~4万の軍を息子の大友義統に率いさせて日向国に向かって進軍しました。

島津と大友は仲が良かった?

こうして、島津VS大友の戦いが始まる訳ですが、実は島津家と大友家は仲が良かったんです。

島津家は三州統一を目標にしていて、(当時日向国は大友の領地ではない)

大友家は、中国地方の毛利家度々争っていて、その時に島津家から背後を攻められたくなかったので、お互いを攻める理由は全く無かったんです。

度々争う大友家と毛利家

度々争う大友家と毛利家
何でここまで必死に助けたの?

そうなると何で島津を攻めるの?って思いますよね。

伊東家から助けを求められたから、といったらそうなんですが、助けを断るといった選択肢もあったはずです。

これに関しては諸説ありますが、大友宗麟はこの時キリスト教の信者だったことからキリスト教信者の王国を日向国に作ろうとしていたからだと言われています。

普通に考えれば、おかしい話のような気もしますが、こんなにも大友宗麟はキリスト教の熱狂的な信者だったということが分かりますね。

日向国北部を奪還

こうして日向国に進軍を始めた大友義統は松尾城を攻め、城主である土持親成を自害に追い込み松尾城を陥落させます。

松尾城を攻める大友義統

松尾城を攻める大友義統

これで耳川より北の日向国を島津家から取り返すことに成功したのでした。

二度目の日向攻め

日向国北部を取り返した大友宗麟は南部も占領するため、少し期間を空けた後一旦止めていた進軍を再開させます。

高城攻城戦

新しく大友軍の大将となった田原紹忍は、山田有信の守る高城を攻めようとします。

それを知った島津義久の末弟である島津家久は、高城に入城して守りを固めようとしました。

途中で大友軍に出会ってしまい攻撃もされますが、何とか高城に入城することに成功します。

高城に入城する島津家久

高城に入城する島津家久

その後、大友軍が高城に到着し攻撃を開始しました。

高城を攻撃する田原紹忍

高城を攻撃する田原紹忍

しかし島津家久と山田有信の抵抗は凄まじく、大軍を相手に耳川の戦いが終わっても高城を守りきることになるのです。

義久の救援

こうして弟や家臣が活躍しているなか、島津義久本人は自領の兵を結集させて高城の南にある佐土原城に入城しました。

その数3万

佐土原城に入城する島津義久

佐土原城に入城する島津義久

その中から弟の島津義弘などに軍を分け与え、島津義弘は先鋒として前方の財部城に入城すると、家臣達と軍議を開きました。

財部城に入城する島津義弘

財部城に入城する島津義弘

前哨戦

軍議で戦い方を決めると、その戦い方通りに

3百の兵を川を渡らせて高城を攻める大友軍めがけて奇襲させます。

奇襲を仕掛ける島津軍先鋒部隊

奇襲を仕掛ける島津軍先鋒部隊

突然の奇襲に大友軍は驚き、混乱しました。

しかも、この戦況を後ろから見ていた島津義弘隊が川を一気に渡って加勢したのだから大友軍は次々と討たれていき、数百人が討ち取られることになります。

先鋒部隊に合流する島津義弘

先鋒部隊に合流する島津義弘

このようにして、前哨戦は島津軍の勝利に終わりました。

大友軍の軍議

前哨戦で敗北した大友軍は、これからの方針を決めていくため軍議を開きます。

大将の田原紹忍などは、島津の戦いぶりを怖がったか

「講和して戦いを一旦終わらせよう」

という意見でした。

この意見は大多数の家臣も同じだったので、このまま全体の意見も固まりそうになりましたが、重臣の田北鎮周

「島津と戦おう」

という意見を変えようとせず、結局意見は固まることはありませんでした。

このまとまりの悪さが、後の勝敗に大きく関わっていくことになるのです。

布陣

佐土原城にいた島津義久は、戦いに参加するため根白坂に1万の軍勢で布陣し、先ほど奇襲をかけた島津軍も、下の図のように布陣しました。(※ぼやけている隊は伏兵)

布陣を完成させる両軍

布陣を完成させる両軍

耳川の戦い

田北鎮周隊の奇襲

戦おうとする気が無かった大友軍を奮い立たせるため、田北鎮周隊は突然島津軍の先鋒に攻撃を開始しました。

先鋒部隊に突如攻めかかる田北鎮周

先鋒部隊に突如攻めかかる田北鎮周

この攻撃を知られていなかった味方の隊も遅れをとらないようにと急いで相手に攻撃をしました。

田北鎮周の動きに便乗する大友軍

田北鎮周の動きに便乗する大友軍

島津軍の劣勢…しかし

この味方をも騙す奇襲は成功し、田北鎮周隊は、流石重臣の部隊だけあって島津軍先鋒の武将北郷時久を討ち取ります。

そして先鋒を壊滅させると、勢いに乗って奥に控えている島津軍目掛けて追撃をしました。

島津軍奥深くに侵攻する大友軍

島津軍奥深くに侵攻する大友軍

しかし急いで行軍をした代償は大きく、大友軍の陣形は縦に伸びた状態になっていたのでした。

これの何がいけないかというと、陣形が縦長になると弱点である陣形の側面が大きくなってしまい、横から攻撃を仕掛けられるととても危険だったのです!

釣り野伏

このチャンスを伏兵部隊は見逃しませんでした。

奥まで進撃していた大友軍に向かって、伏兵部隊が姿を表し奇襲をしたのです。

奇襲を仕掛ける島津征久の伏兵部隊

奇襲を仕掛ける島津征久の伏兵部隊

この奇襲は成功を収め、大友軍は大混乱に陥りました。

更に、追い討ちをかけるように島津義久率いる本隊や島津義弘隊、高城にいた島津家久隊も戦いに参加し、大友軍は包囲されるような形になってしまいました。

続々と参戦する島津軍

続々と参戦する島津軍

これが「釣り野伏」と呼ばれる島津家特有の戦法だったのです。

敗走、耳川での被害拡大

このような圧倒的不利な状況の中、大友軍は態勢を立て直せず、総崩れとなって敗走

をしていきます。

総崩れとなる大友軍

総崩れとなる大友軍

敗走する大友軍を島津家はしつこく追撃し、大友軍の被害はどんどん拡大していくことになっていきました。

特に耳川で、川に溺れる兵が多くいたことから「耳川の戦い」と呼ばれるようになったんです。

耳川で大きな被害を出す大友軍

耳川で大きな被害を出す大友軍

戦いをしたのは別の場所なので、それを名前にするのは違和感がありますけどね。

その後

この「耳川の戦い」で突撃した田北鎮周を始めとした名だたる重臣は討ち死にし、4千の戦死者を出した大友宗麟は、大きく衰退していくことになります。

まとめ

  • 島津と大友は仲が悪くなかったが伊東を巡って戦いが起こった
  • 釣り野伏と大友家中の意見の違いが勝敗を左右した
  • 耳川の戦いに負けた大友宗麟は大きく衰退していく

 最後まで読んでいただきありがとうございました。