戦の図鑑

超わかりやすく戦を図解で解説していきます!

豊前国人一揆とは?国人の不満爆発をわかりやすく図解解説!

⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎シェアお願いします! にほんブログ村 にほんブログ村へ 良ければ応援クリックをいただけると励みになります!

今回は、「豊前国人一揆」について解説していきたいと思います。

この豊前国人一揆は、城井鎮房黒田長政が戦い引き分けに終わりました。

この豊前国人一揆では、鎮房の奮戦により引き分けとなりますが、その後は城井一族は滅亡寸前にまで追い込まれることになります……

この記事でわかること
  • 豊前国人一揆が起こるまで
  • 豊前国人一揆がどのように行われたのか
  • 豊前国人一揆がどのように終わったのか

当時の情勢

戦国時代の後期、九州地方ほとんどを島津家が支配していました。

しかし、その頃本州をほとんど統一していた豊臣秀吉の怒りを買い、秀吉に一大決戦を挑みますが負けてしまいます。

その後、島津家は元の領地(薩摩国、大隅国、日向国の一部)に戻されてしまいました。

薩摩国、大隅国、日向国の一部に領地が減らされる島津家

薩摩国、大隅国、日向国の一部に領地が減らされる島津家

そして他の領地には、本州から来た秀吉の家臣に割り当てられることになります。

豊前国人一揆まで

黒田親子の入国

この黒田官兵衛、長政親子もその内の一人でした。

豊前国の半分を治めることになった二人は、豊前国の中津に上陸します。(写真)

そして、黒田家による統治が始まろうとしていました。

国人の不満高まる

しかし、長く豊前国を治めていた国人(独立した領主)には、黒田家の下につくことが耐えられませんでした。

それは黒田家が支配するようになったことで、国人が自由に豊前国を支配することが出来なくなったから。

こうした不満が高まっていった国人たちは、次第に一揆を起こすことを考えるようになります。

転封命令を拒絶

それにプラスして、国人の中で最も大きな力を持っていた城井鎮房に伊予国への転封(引っ越し)が命じられました。

しかし、鎮房としては長い間治めていたこの地を離れたくはありません。

鎮房は、この命令を拒否することになります。

それを知った黒田親子は怒り、力を持って城井家を倒すことに決めました。

また、この対決を知った他の国人も次々と鎮房に同調して、反旗を翻すことになります。

豊前国人一揆

黒田長政の出陣

城井家討伐を決めた長政は、鎮房が籠る城井谷城に攻め寄せます。

城井谷城に攻め寄せる黒田長政

城井谷城に攻め寄せる黒田長政

しかし、城井谷城は難攻不落の要塞。容易に落とせる代物ではありませんでした。

岩丸山の戦い

城井谷城に籠城する鎮房は、長政率いる軍が攻め寄せたことを知るとゲリラ戦を展開します。

そして黒田軍を数百人討ち取り、長政も死にかける程の大勝利を収めます。

長政は豊前国にやってきたばかりなので、長い間この地をよく知る鎮房には敵わなかったのでしょう。

官兵衛の策

このまま正面から戦うとマズイと考えた父の官兵衛は、これ以上戦わず兵糧攻めを行う事にしました。

兵糧攻めを行う黒田長政、官兵衛親子

兵糧攻めを行う黒田長政、官兵衛親子

さすがの鎮房も、食べ物がなくなったらどうしようもありません。

また、他の一揆を起こした国人たちは次々と各個撃破され、抵抗するのは城井家のみとなっていたことから、これ以上の抵抗を諦め、鎮房の娘を人質に出して和睦を成立させました。

こうして豊前国人一揆は終わったのですが、その後の城井家には壮絶な物語がありました。

その後

豊前国人一揆は終わっても長政は、「鎮房たちはまた一揆を起こすかもしれない」と思ったか、城井一族を滅ぼすことを決意します。

こうして城井一族は

  • 当主 鎮房……長政に中津城に呼ばれ暗殺
  • 父     長房……城井谷城に攻められ死亡
  • 嫡男 朝房……肥後国人一揆を鎮圧中に官兵衛に暗殺
  • 娘     鶴姫……千本松河原で処刑

となかなか鳥肌が立つような方法で滅亡されてしまいました。

しかし朝房の息子の朝末は生き延び、城井家は後に復興されます。

まとめ

  • 黒田親子の入国、伊予国への転封命令から豊前国人一揆が起こった
  • 一時は黒田軍が劣勢になるも兵糧攻めによって引き分けへ
  • 後に黒田家によって城井家は滅亡寸前まで追い込まれる

最後まで読んでいただきありがとうございました。