戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

赤塚の戦いとは?新当主、織田信長の初戦をわかりやすく解説!【図解】

赤塚の戦い

 「赤塚の戦い」は、当時当主になったばかりの織田信長と、織田家を裏切った家臣、山口教吉との戦い。

当主になった信長にとって初となった、この戦いは引き分けに終わり、なんだかしっくり来ないような結末を迎えました。

赤塚の戦いまで

織田信秀の死で見限る山口家

この「赤塚の戦い」の少し前、尾張国では信長の父である織田信秀が、数ある織田家の中でも勢力を伸ばしつつありました。

織田信秀

織田信秀/出典Wikipedia

しかし、その信秀が亡くなると事態は急変。

後継者の織田信長が「尾張の大うつけ(まぬけ)」と呼ばれていたことから

山口教継
うつけが当主の織田家は頼りない

 と、鳴海城を拠点とする山口教継山口教吉親子が裏切ってしまったのです。

織田家を裏切る山口教継と山口教吉

教継は「小豆坂の戦い」で信秀に従い、数々の戦功をあげた人物。

ikusa-zukan.com

また教継は信秀に大事にされたそうなので、信長にとっては相当ショックだったでしょう。

しかし、裏切った家臣をそのままにしておく訳にも行かず、信長は自ら那古野城を出て山口家討伐に向かいました。

赤塚の戦い

赤塚で衝突

この出陣を知った教吉は鳴海城を出て、赤塚という場所で迎え撃つことを決めます。

赤塚へ進軍する山口教吉

そして、三の山に登った信長が教吉を見つけると直ちに突撃、赤塚の戦いが始まりました。

赤塚の戦いが始まる

近距離戦となるも…

この戦いは、一言で表すなら「近距離戦」。

両軍入り乱れての戦いが2時間ほど(午前10時~12時)続きました。

こう言うと、「両軍ともたくさん犠牲が出た激戦」とイメージするかもしれないですが、実際はそうでもありません。

山口家は元々織田家の家臣だったので、兵士たちにとっては敵軍に知り合いがいる状態。

戦いは引き分けに終わり、捕らえた馬や兵は互いに交換して帰ったそうです。

その後

この後山口家は、織田家の城である大高城、沓掛城を策略によって奪います。

大高城と沓掛城を奪う山口教継と山口教吉

しかしその後は、なぜか主君の今川義元に呼び出され親子共々切腹する羽目に。

一方の織田家は、信長の弟である織田信勝が謀反をおこし、「稲生の戦い」に続いていくことになります。

 【参考】

赤塚の戦い - Wikipedia

織田信秀 - Wikipedia

織田信長 - Wikipedia

山口教継 - Wikipedia

山口教吉 - Wikipedia