戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

小豆坂の戦いとは?織田VS今川、一進一退の謎多き攻防戦をわかりやすく解説!【図解】

小豆坂の戦い

 「小豆坂の戦い」は、尾張の小大名だった織田信秀が東海地方の大勢力、今川義元に挑んだ戦い。

この戦いは2度、行われており

  • 第一次小豆坂の戦い=織田家の勝利
  • 第二次小豆坂の戦い=今川家・松平家(今川家傘下)の勝利

という結果に終わりました。

また、この小豆坂の戦いでは

「第一次小豆坂の戦いは存在していない」

「松平家は第二次小豆坂の戦いで織田家に味方していた」

という説があるほど、謎が多い戦いでもあります。

第一次小豆坂の戦いまで

松平家の衰退

松平家は代々三河国の西方面を治めていました。

そしてこの時、当主だった松平清康(家康の祖父)は悲願の三河国統一を果たします。

三河国統一を果たす松平清康

しかし「森山崩れ」という事件によって、清康は勘違いで家臣に殺されてしまいます。

そのせいで、松平家は以前の勢いを失うことになりました。

また後継者の松平広忠は、東海の大大名今川義元の力を借りて当主となったため、以後松平家は「今川家の家臣」としての扱いを受けていきます。

ikusa-zukan.com

織田信秀の活躍

一方お隣の尾張国では、トップの家臣の家臣である織田信秀(信長の父)が勢力を拡大します。そして

織田信秀
三河国は不安定みたいだし、攻め込めそうだな
 

 と考えた信秀は三河国に侵攻、松平家の重要拠点だった安祥城を難なく攻め落としました。

安祥城を攻め落とす織田信秀

これによって松平家の本拠地、岡崎城がむき出しの状態に。

松平家は滅亡の危機にさらされることになりました。

第一次小豆坂の戦い

今川義元の救援

この松平家の危機を知った義元は

今川義元
なんとかして松平家を救おう
 

 と大軍を率い、安祥城に向けて進軍します。

そして織田信秀も今川軍に対抗して、安祥城周辺の矢作川を渡り布陣をしました。

矢作川を渡る織田信秀

小豆坂七本槍の活躍

こうして両軍は岡崎城に近い小豆坂で激突することになりました。

第一次小豆坂の戦いの勃発

第一次の戦いは資料が少なく、細かな戦況は確かではありませんが

  • 織田信光
  • 織田信房
  • 岡田重能
  • 佐々政次
  • 佐々孫介
  • 中野一安
  • 下方貞清

という織田軍の7人が活躍します。

この「小豆坂七本槍」と呼ばれる7人の活躍により、織田軍は勝利することになりました。

第二次小豆坂の戦いまで

第一次の影響で起こった裏切り

先ほどの第一次小豆坂の戦いによって、織田家は三河国にも勢力を持つことに成功します。

その影響により、刈谷城に領地を持つ家臣水野信元

水野信元
妹が松平家に嫁いでいるが、織田家の方が頼りがいがある
 

 と、広忠の妻於大の方の兄なのにも関わらず織田家に寝返ります。

織田家に裏切る水野信元

因みにこの寝返りにより、於大の方は

松平広忠
信元の血をひいている於大の方を今まで通り妻にしていれば、義元に怪しまれてしまう
 

 と不安がった広忠によって離婚、実家の水野家に帰っています。

松平家の後継者、竹千代を奪われる

こうして「水野家」という戦力を失った松平家は

松平広忠
これまで以上に今川家を頼っていくしかない
 

 と考え、義元に息子の竹千代を人質として送り

松平広忠
我が松平家は、今川家を裏切る気は全くありません!
 

 と義元に信頼されるよう手を尽くします。

が、竹千代を義元に送る役目だった戸田康光

戸田康光
今、松平家を裏切って竹千代を織田家に渡せば大手柄じゃね?
 

 と考え、竹千代ごと織田家に寝返ってしまいます。

そしてこの事件が元となり、織田信秀による三河国侵攻が再び始まるのです。

第二次小豆坂の戦い

織田軍先鋒と太原雪斎の激突

織田信秀
この織田家有利の状況の勢いで松平家を倒そう
 

 とした信秀は、長男の織田信広を先鋒とし、自ら4000の兵で矢作川を渡ります。

一方の松平家も、今川家の太原雪斎が援軍に駆けつけ、10000の兵で進軍を開始。

そして両軍はまたもや小豆坂で激突、戦が始まりました。

第二次小豆坂の戦いの勃発

本隊と合流し形勢逆転

この戦い、序盤は地理の都合上、高い位置の今川軍が数の暴力で優勢となります。

織田信広を圧倒する太原雪斎

しかし、劣勢となった信広が

織田信広
一旦態勢を立て直そう
 

 と後ろに下がり、信秀のいる本隊と合流します。

織田信秀と合流する織田信広

この戦意満々の本隊合流により、戦局はひっくり返りました。

次第に押されていった今川軍は崩壊寸前、織田家の勝利が近づきます。

ところが、再び戦局が覆ることになります。

今川伏兵が織田軍を総崩れに

この時実は、今川軍の一部が伏兵として隠れていました。

伏兵として潜んでいた今川軍

その伏兵がついに姿を現し、織田軍に奇襲を仕掛けたのです。

織田信秀に奇襲を仕掛ける今川軍伏兵

これにより、織田軍は挟み撃ちの状態に。

大混乱となった織田軍は士気が崩壊、総崩れとなって敗走していきました。

敗走していく織田信秀

その後

この戦いによって多くの兵を失った織田家は、これ以降三河国侵攻をすることは無くなります。

しかも信秀がまもなく病死し、織田家は後継者争いをすることになるのです。

一方の今川・松平家はこの後安祥城を奪還、策略によって竹千代をも取り戻します。

しかし当主の広忠が亡くなり、竹千代の元服まで、松平家は今川家が乗っ取ることになりました。

【参考】

小豆坂の戦い - Wikipedia

小豆坂七本槍 - Wikipedia

織田信秀 - Wikipedia

今川義元 - Wikipedia