戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

永禄の変とは?足利義輝、死す!三好家による陰謀をわかりやすく解説!【図解】

 「永禄の変」とは、足利13代将軍である足利義輝が、三好家の三好義継三好三人衆に暗殺された事件。

この事件により三好家は、一時は将軍家を手中に収めることに成功しますが、少々不安の残る結果となりました。

永禄の変まで

三好家の台頭

三好家はもともと細川家の分家の家臣、という立場で室町時代にはあまり力を持っていませんでした。

ですが、「永正の錯乱」と呼ばれる細川家の後継者争いに、三好家の主君の細川澄元が参加します。

ikusa-zukan.com

それによって、三好家も細川家の内部争いに参加し、三好家は力をつけていきました。

また結果として、澄元の家系が細川家の本家を継ぐことになったので、三好家は「分家の重臣」から「本家の家臣」へと変貌を遂げたのです。

三好家vs細川家

ですが、「永正の錯乱」に勝利したあと、三好家に悲劇が起きます。

澄元の息子である細川晴元と、三好家当主の三好元長が対立してしまうのです。

仕える将軍を変えた晴元は、元長と意見が対立。

すると元長は、晴元の家臣を攻撃し始めたので

細川晴元
一向一揆を起こしてください
 
分かりました
 
証如

 と、晴元は本願寺の証如に一向一揆を起こさせ、手を汚さずに元長を討ったのです。

当主を失った三好家は、息子の三好長慶が新たに当主となりますが、長慶はこの時わずか10歳。

三好長慶
今の状態では細川家に対抗できない
 

 となった長慶は、幼かったこともあり、細川家への帰参が許されました。

しかしそれから16年後、成長した長慶は再び細川家と対立します。

今度は、重臣の三好政長を殺されたこと皮切りに細川家が不利に。

将軍の足利義輝を担いだ晴元は、親戚の六角定頼が治める近江国へ逃げていきました。

親政を始める足利義輝

それから長慶と義輝は和睦と対立を繰り返し、結局は六角家の仲介によって和睦が成立します。

ここから三好家に陰りが見え始めました。

なんと

  • 三好義興(長慶の子)…病死
  • 十河一存(長慶の弟)…病死
  • 三好実休(長慶の弟)…久米田の戦いで戦死
  • 安宅冬康(長慶の弟)…暗殺

※久米田の戦いについてはこちらの記事をご覧下さい。

ikusa-zukan.com

といった悲劇が、わずか3年間の間に立て続きで起こったのです。

しかもこの1月後に長慶自身も病死、三好家は確実に衰退してきていました。

一方、義輝は

足利義輝
将軍の権威を知らしめよう
 

 と、各地で起こっている戦争の停戦命令を出したり、様々な大名に官位を与えたりしていました。

また、政所執事(財政、領地を管理するトップ)の伊勢貞孝が長慶と対立した時には、貞孝を攻撃し敗死させるなど、将軍としての権威を取り戻しつつありました。

しかし

三好家
将軍を操り人形にしたい
 

と考えていた三好家にとっては、自ら政治を行う義輝は邪魔な存在。

その結果、三好家によって義輝の暗殺が企てられることになります。

永禄の変

足利義輝の奮戦

三好軍が御所を包囲する前日、三好家が暗殺を企てていることを知った義輝は

 
 
足利義輝
将軍御所から逃げよう
 
ここで脱出しては将軍としての権威が失われます。私たちも討死する覚悟なので共に抵抗しましょう
 
将軍側近
 
 
 
足利義輝
分かった。御所で三好家を食い止めよう
 

 と1度は将軍御所を逃げたものの、家臣の説得により覚悟を決めて御所に戻ります。

そしてその翌日、ついに三好軍が訴訟をするという名目で御所に押し寄せます。

その後、三好軍が御所に侵入したことにより戦闘が開始。

将軍側の抵抗は激しく、十数人の側近が三好軍数十人を討ち取るなど奮戦します。

中には1人で数十人討ち取った者もいるほど。

しかし、重臣の進士晴舎

武士
敵軍を侵入させてしまった。切腹して責任をとる
 

 と自害します。

家臣もろとも自害

この晴舎の死を皮切りに、側近が次第に討たれていきました。

剣豪将軍」と呼ばれた義輝自身も薙刀や刀を使い奮戦しますが、敵軍10000に対し味方はたかが数百人程度。

義輝もついに力尽き、敵軍の一斉に襲いかかられて討ち取られることになりました。(自害とも)

義輝が死んだ頃には側近の多くも自害or討ち取られており、将軍方はほぼ全滅という有様だったそう。

その後

弟、義昭が脱出

こうして将軍の暗殺に成功した三好軍は、義輝の兄弟も殺そうとします。

そのため末弟の周暠は殺害されましたが

松永久秀
流石に将軍の後継者は残しておこう
 

 と考えた三好家重鎮、松永久秀によって次弟の足利義昭(覚慶)は監禁するのみで生かされました。

その後、生き残った義輝の側近である一色藤長、細川藤孝によって義昭は脱出に成功。

各地の大名に協力を求め、将軍となるため着実に力をつけていきました。

三好三人衆の台頭

一方の三好家では、松永久秀と

  • 三好長逸
  • 三好宗
  • 石成友道

という三好三人衆との対立が激しくなっていました。

この争いは、三人衆が当主の義継に

三好三人衆
松永久秀は義昭を逃がした責任を取らせるべきです
 

 と迫り、久秀を失脚させることで三好家の権力を握ることに成功します。

こうして、三好家のトップに立った三好三人衆は、次に義昭の代わりとなる将軍候補を探します。

そこで見つかったのが、義輝の従弟で阿波国にいた足利義栄(義親)。

義栄を将軍にすることで合意した三人衆は、義栄を本州に呼び寄せ、義栄を将軍にするため働きかけることになります。(追記予定)

【参考】

永禄の変 - Wikipedia

三好長慶 - Wikipedia

足利義輝 - Wikipedia