戦の図鑑

超わかりやすく戦を図解で解説していきます!

八王子城の戦いとは?小田原征伐1番の激戦をわかりやすく図解解説!

⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎シェアお願いします! にほんブログ村 にほんブログ村へ 良ければ応援クリックをいただけると励みになります!

八王子城の戦い

 今回は「八王子城の戦い」について解説していきます。

この八王子城の戦いは上杉景勝前田利家真田昌幸と、横地監物が戦いました。

この八王子城の戦いは、小田原征伐で最も激しい戦いといわれ、両軍ともに大きな被害を受けることになりました。

 八王子城はこんな戦い!

八王子城の戦いを表でまとめました。

八王子城の戦い
期間 1590年6月23日
戦場 八王子城(東京都八王子市)
交戦勢力 豊臣家 北条家
主な武将 上杉景勝、前田利家、真田昌幸 横井監物
戦争理由 豊臣家の命令に従わないため
兵力 15000 3000
形式 籠城戦
結果 八王子城は落城し監物は切腹

八王子城の戦いまで

まずは八王子城が始まるまでを見ていきましょう。

小田原征伐

1590年、豊臣秀吉が天下統一をするため、自分に従わない北条家に侵攻を始めます。

小田原城に向かう豊臣秀吉

小田原城に向かう豊臣秀吉

秀吉自身は本城の小田原城に進軍したのですが、他の北条方の城には自分の家臣に向かわせました。

そして今回の戦場となる八王子城には、上杉景勝ら15000人の軍が攻めてきたのです。

八王子城を攻める豊臣軍

八王子城を攻める豊臣軍

八王子城の戦い

ここから八王子城の戦いについて解説していきます。

旧北条家臣を先鋒に

そして豊臣軍は八王子城に着くと攻撃を開始するのですが、その先鋒はなんと北条方の武将である大道寺政繁でした。

政繁は初め北条方として松井田城で豊臣軍と戦っていたのですが、その松井田城が落ち、降伏した政繁は豊臣軍に編入されてしまったのです。

死闘を繰り広げる

そして北条方の城の構造を知っている政繁は、豊臣軍に城の構造を教えて有利になるよう働きかけました。

そのおかげか、豊臣軍は籠城兵を奥に追いやることに成功するのですが、豊臣軍も1000人以上が戦死するなど激戦となります。

そのため豊臣軍は一旦攻撃を止めますが、ここでまた豊臣側にチャンスが訪れました。

上杉景勝の家臣に、城についてよく知る者が現われたのです。

その者のおかげで豊臣軍は城の抜け道に奇襲をかけ、八王子城は落城まで追い込まれることになります。

落城、壮絶な戦死

この奇襲で、八王子城はついに落城の時を迎えます。

城に籠る婦女子は落城を悟ると、次々と滝に身を投げるなどして自害しました。

その滝は三日三晩血で染まったというのですから、凄まじい現場だったのでしょう。

そして城主の横井監物も、脱出には成功しますがその後切腹してしまいます。

こうして八王子城の戦いは、豊臣軍の勝利で終わったのでした。

その後

この八王子城の陥落をきっかけとして、小田原城に籠る城兵の士気が下がり、その後1ヶ月もしないうちに小田原城は開城します。

そして八王子城の城主で、小田原城にいた北条氏照は、開戦の責があるとして切腹することになりました。

まとめ

  • 小田原征伐が始まったことにより八王子城の戦いが起こった
  • 豊臣軍の猛攻によって八王子城は陥落した
  • 城を守った横井監物は切腹することになった

最後まで読んでいただきありがとうございました。