戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

稲葉山城の戦いとは?織田信長の大躍進!斎藤家滅亡の戦いをわかりやすく解説!【図解】

 「稲葉山城の戦い」は当時尾張国のみを支配下に置いていた織田信長と、かつての同盟相手だった斎藤家の当主、斎藤龍興との間に起こった戦。

この戦いにより、信長は龍興から美濃国を奪うことに成功

全国への勢力拡大を加速させる結果となりました。

稲葉山城の戦いまで

同盟関係だった織田家と斎藤家

今回「稲葉山城の戦い」で対戦することになる織田家と斎藤家ですが、両家は20年ほど前から同盟関係にありました。

「加納口の戦い」などで戦いを繰り広げ、犬猿の仲だった両者でしたが、信長の父の織田信秀と龍興の祖父の斎藤道三

斎藤道三
娘の帰蝶を嫁に出すから同盟を組もう
 
是非とも息子の信長の妻にしよう
 
織田信秀

 と、互いの子供を結婚させることを条件に同盟を結んだのです。

この同盟によって斎藤家には平穏が訪れ、織田家は東の敵である今川&松平家に専念できるようになりました。

斎藤家の内乱で同盟決裂

しかし同盟を組んでからおよそ10年後、同盟の終わりが訪れます。

道三の息子である斎藤義龍

斎藤義龍
父が弟ばかり可愛がって、長男である私を後継者だと認めてくれない
 

 という理由でクーデターを起こしたのです。

そのため斎藤家は、斎藤道三vs斎藤義龍と親子で戦うことになりました。

この内紛は「長良川の戦い」で多くを味方につけた義龍が勝利

義龍は織田家と斎藤家の同盟に反対だったため、道三の死により同盟は決裂することになりました。

新加納の戦い

それからは、織田家と斎藤家はバチバチの状態に。

信長と息子の龍興(義龍は病死)は戦闘を繰り返すことになります。

その1つが「新加納の戦い」。

この戦いは「森部の戦い」や「十四条の戦い」で勝利した信長が、勢いに乗って東美濃にまで進撃し起こった戦。

織田軍5700に対し、斎藤軍は3500と斎藤家不利な状態でしたが、軍師竹中半兵衛の活躍により斎藤家が勝利

竹中半兵衛

竹中半兵衛/出典Wikipedia

 勢いづいていた信長が押し戻される結果となり、両者は一進一退の攻防を見せていました。

家臣に本拠地を乗っ取られる

しかし「新加納の戦い」の後、立役者の半兵衛には不満がありました。

それは

竹中半兵衛
龍興様は新加納の戦いで活躍した私を褒めず、馬鹿にし続ける
 

 ということ。

しかもこの時龍興は、重臣である西美濃三人衆や半兵衛を重用せず、政治をほとんど行わなくなっていました。

そのため半兵衛は、三人衆の1人である安藤守就と協力し、龍興の居城である稲葉山城の乗っ取りを決行します。

このクーデターは成功し、半兵衛たちはなんと16人で稲葉山城を奪い取ることになりました。

半兵衛は

竹中半兵衛
龍興様に危機感を覚えさせるために乗っ取った
 

 という考えだったため、結局は龍興に稲葉山城を返します。

しかし裏を返せば「稲葉山城は簡単に奪えることが証明された」ということ。

この一件から斎藤家の脆さが垣間見え、家臣の裏切りが相次ぐことになりました。

河野島の戦い

とは言っても、斎藤家はまだまだ健在。

幕府による停戦命令を斎藤家が破ったことで、「河野島の戦い」が起こります。

この戦いは、洪水により織田軍で溺死者が続出。

その隙を着いて斎藤軍が攻撃を仕掛けたことにより、斎藤家が勝利しました。

稲葉山城の戦い

西美濃三人衆を寝返らせる

しかし先ほど説明したように、龍興はこの時ほとんど政治をせずにいました。

そのため斎藤家で力を持っていた西美濃三人衆が

西美濃三人衆
龍興様は政治をする気がない
 
ならばいっその事、裏切って信長側につこう
 
西美濃三人衆

 と信長に裏切りを約束します。

それを聞いた信長は

織田信長
このチャンスを活かして稲葉山城に攻め込もう
 

 と、稲葉山城へ攻めるため兵を挙げます。

落ち延びる龍興

一方の龍興は三人衆が裏切ることも、信長が攻めて来ていることも知りません。

そのため、織田軍が稲葉山城に着いた時

斎藤龍興
あそこに見える軍は敵か味方かどっちだ?
 

 という状態だったそう。

その後、織田軍が包囲を始めると、三人衆が信長の下へ挨拶に行き、城に籠っている者は降伏します。

抵抗する術を無くした龍興は舟で逃げ、伊勢国の長島へ逃亡していきました。

その後

この「稲葉山城の戦い」により、信長は美濃国を支配下に置きます。

そして本拠地を稲葉山城に移し、稲葉山城の名前を岐阜城に変更。

岐阜城を新たな拠点として勢力拡大を進めていくことになります。

また、落ち延びた龍興は「長島一向一揆」、「本圀寺の戦い」、「六条合戦」、「野田城・福島城の戦い」に参加し、信長に反抗していくことになります。

【参考】

稲葉山城の戦い - Wikipedia

織田信長 - Wikipedia

斎藤龍興 - Wikipedia

新加納の戦い - Wikipedia

河野島の戦い - Wikipedia