戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

木崎原の戦いとは?兵力差10倍を覆す!「九州の桶狭間」をわかりやすく解説!

 「木崎原の戦い」は日向国統一を目指した伊東義祐が、当主を失ったばかりの島津家に挑んだ戦い。

この戦いでは伊東軍3000vs島津軍300という、島津軍の圧倒的不利な戦況でしたが、大将の島津義弘の活躍で島津軍が勝利

両軍の戦死者が1000人を超える激戦となりました。

木崎原の戦いまで

当主、島津貴久の死

時は1571年、島津家当主の島津貴久が病死します。

父の肝付兼続が貴久との戦いで死に、島津家へのリベンジに燃える肝付兼亮

肝付兼亮
当主が死んだ今が、島津家を倒すチャンスだ
 

 と島津家の代替わりを狙い、島津家の薩摩国へと侵攻を始めました。

そして同じく、日向国の大部分を支配していた伊東義祐

伊東義祐
肝付家側について島津家を倒そう
 

 日向国における島津家の勢力を排除するため、島津家への戦いを表明します。

木崎原の戦い

加久藤城での奮戦

義祐はまず、人吉城を拠点とする相良義陽

伊東義祐
伊東軍と相良軍で島津軍を倒そう
 
分かった、援軍を送ろう
 
相良義陽

 援軍を要請します。

そして一族の伊東祐安伊東祐信に3000の兵を持たせ、島津領へ攻めさせました。

小林城を出た伊東軍は

  • 伊東祐安...飯野城(島津義弘の居城)の警戒
  • 伊藤祐信...加久藤城(義弘の妻子、川上忠智の居城)を攻撃

という2つの隊に分け、それぞれ行動することにしました。

加久藤城に到着した祐信はまず、周辺の民家を焼き払い挑発します。

しかしスパイを伊東軍に送り込み、事前にこの情報を知っていた義弘は

島津義弘
報告通りだ
 

 と冷静に、周辺の大口城や馬関田城に危機を知らせました。

そして

  • 五代友喜隊40人...伏兵
  • 村尾重侯隊50人...伏兵
  • 遠矢良賢隊60人...加久藤城の救援
  • 島津義弘隊130人...加久藤城~飯野城間に布陣
  • 有川貞真隊20人...飯野城の守り

と300人を5つの部隊に分け、自らは戦闘の準備を整えました。

一方その頃、祐信は加久藤城の攻撃に着手します。

しかし、義弘のスパイから誤情報を知らされていた祐信は、間違って樺山浄慶という人物の屋敷を攻撃。

最終的に浄慶は討たれましたが、浄慶の投石により伊東軍は一時混乱を見せました。

その後、ようやく本格的な攻城戦が始まりますが、攻め口が攻めづらい場所だったため、祐信は苦戦を強いられることに。

そして伊東軍が手間取っている間に、島津軍の援軍が加久藤城に到着。

加久藤城の川上忠智による奮戦もあり、戦況を立て直したい伊東軍は一度軍を退いていきました。

因みにこの時、相良家の援軍が島津領へ進出していましたが道中、義弘が事前に立てていた旗を見て

相良義陽
ここには島津軍がいる
 

 と勘違いを起こし、そのまま人吉城へと帰っていきました。

祐信の隙を突いて

祐信は池島川という場所まで撤退すると、この時期は暑かったため軍の中で

伊東軍の武士
兵数的に多分勝てるし、今ゆっくりしてても大丈夫だろ
 

 と池島川で水浴びをする兵士が続出し、伊東軍は完全に油断をしていました。

この情報が義弘の耳に入ると、義弘は直ちに進軍を開始。

正面から伊東軍に突撃し、義弘は一騎打ちで祐信を討つなど戦果を挙げます。

そして多くの伊東軍を討ち取った島津軍は、一度撤退していきました。

その後大将を失った祐信隊は、駆けつけた祐安隊と合流。

伊東祐安
祐信が死んだ今では、島津軍に勝てると思えない
 

 と判断し、北原城への退却を始めました。

釣り野伏せ炸裂

伊東軍が退却するルートに、白鳥山という山がありました。

伊東軍が白鳥山に登ったことを知った白鳥神社の光巌上人は、僧と農民に伏兵を装わせ、伊東軍を混乱させます。

そしてそこに突撃していったのが、島津義弘。

義弘は鎌田政年に60人を預け、伊東軍の背後に回らせると、自身は120人を率いて伊東軍に攻撃を仕掛けたのです。

義弘は序盤こそ劣勢で木崎原まで軍を退いたものの、加久藤城からの援軍を受けると形勢逆転。

白鳥山で待機していた五代友喜隊の伏兵が姿を現し、伊東軍は

  • 島津義弘隊...正面
  • 鎌田政年隊...背面
  • 五代友喜隊...側面

という3方向から攻撃を受ける形となります。

この島津家伝統の戦法「釣り野伏せ」を食らった伊東軍は大混乱。

しまいには、撤退中に村尾重侯の伏兵が姿を現し、攻撃に耐えきれなくなった祐安は射抜かれ戦死しました。

そして、伊東軍の主力とは別方向に逃げた祐安の子と弟も、大口城からやって来た新納忠元に襲われ、討たれることになります。

その後

この戦いにより伊東軍は810人が討たれ、その中には祐信や祐安などの伊東家の重要人物も多くいたことから、伊東家の国力は大きく衰えることに。

また、勝利した島津軍も300人中257人が戦死する、という大被害を背負うことになりました。

【参考】

木崎原の戦い - Wikipedia

島津義弘 - Wikipedia

伊東義祐 - Wikipedia