戦の図鑑

超わかりやすく戦を図解で解説していきます!

国府台合戦とは?関東の覇者、北条家が勢力を広げた2つの戦いをわかりやすく解説!【図解】

国府台合戦

 今回は「国府台合戦」について解説していきます。

この戦いは「第一次国府台合戦」と「第二次国府台合戦」の2回にかけて行われました。

※なので、今回はまとめて2つの合戦を解説します。

この合戦はいずれも北条家が勝利し、この戦いによって北条家の勢力図は

  • 上総国(現在の千葉県中部)
  • 下総国(現在の千葉県北部)

にまで進出することになりました。

第一次国府台合戦まで

まずは第一次国府台合戦が起こるまでを解説していきます。

新勢力、小弓公方の誕生

当時、足利将軍家の分家である「古河公方」が、関東地方で力をふるっていました。

しかし、古河公方に反抗していた真里谷家当主、真里谷信清

さすがに将軍家の一族とは戦いづらいから、どうにかして戦う理由が欲しいな

と考えます。

そのため、古河公方の次男で出家していた空然(足利義明)を小弓城に迎え、古河公方に対抗する勢力を作りました。

これが、小弓公方という勢力の誕生です。

この後、足利義明の下には房総地方の戦国大名、里見家も加わり小弓公方は大きな力を持つようになりました。

北条氏綱と足利義明の対立

一方その頃、同じく関東地方では、新興勢力の北条家が関東の中心地、鎌倉を占領するという大成長を遂げます。

鎌倉を占領する北条家

鎌倉を占領する北条家

そして鎌倉というのは、義明が支配を目指していた土地でもありました。

そのため当然、「鎌倉を支配する北条家」と、「鎌倉を支配したい義明」の仲は悪くなっていきました。

このような背景の中、北条家と義明の仲をさらに悪くする事件が起こります。

兄弟による真里谷家の後継者争いが始まってしまうのす。

結局、この争いは弟の真里谷信応が勝利を収め、信応が当主に就くことになりました。

しかし真里谷信隆は当主の座を諦めません。

追い出される形となった信隆は、北条家に落ち延び

北条家の力を借り、いつか当主になってやろう

としたのです。

信応や信応の味方の義明は、この状況を見過ごすわけにはいきません。

また、義明の味方である扇谷上杉家に、北条氏綱が攻め込んだことから、義明と氏綱との戦いは避けられなくなってしまいました。

第一次国府台合戦

意見が対立する足利義明と里見義堯

決戦を覚悟した義明は、信応や里見義堯と共に10000の軍勢を率いて、国府台城に入城しました。

国府台城に入城する足利義明、真里谷信応、里見義堯

国府台城に入城する足利義明、真里谷信応、里見義堯

この時、信応や義堯以下の武将は

北条軍が川を渡っている間に攻めかかろう

という方針で固まっていましたが、そこに義明が

さすがの北条軍も、将軍家の血が流れている私には逆らえないであろう

しかも、私は何度も戦に勝っている戦上手だ

だから私は、川を渡りきった北条軍と正々堂々勝負する

と言い張り、強引に自分の意見を通しました。

そのため、自分の意見が通らなかった義堯は

こんなんじゃどうせ負けるだろうから、戦いに参加せずできるだけ被害を減らそう

と考えます。

そして義堯は、自軍を主戦場予定地から退路予定地に移動させてしまいました。

自軍を避難させる里見義堯

自軍を避難させる里見義堯

一方の北条家は、20000の軍勢を率いて江戸城に入城し、順調に戦いの準備を進めていきました。

江戸城に入城する北条氏綱

江戸城に入城する北条氏綱

上陸してから正面衝突

川を渡ってから戦う」ことで一致した北条軍は、江戸川を渡りきり、奥で待ち構えていた義明と正面衝突しました。

正面衝突する北条氏綱と足利義明

正面衝突する北条氏綱と足利義明

義堯の軍勢が参加していないといえど、義明は幾度も戦いに勝利している猛将。

圧倒的な兵数不利にもかかわらず、義明は戦場の最前線に立って指揮をします。

そのおかげか、義明の優勢で戦いは推移していきました。

弟と息子を討たれ突撃死

しかし兵数差の影響が出たか、次第に北条軍の優勢となっていきました。

また、ここで「義明の弟と長男が討たれた」という報が義明の耳に入ります。

これを聞いて怒った義明は、決死の覚悟で北条軍に突っ込んでいきました。

その後、流れ矢が当たった義明は討死。

勝敗は、完全に決しました。

里見義堯の撤退

そんな頃、戦場から離れていた義堯は、義明が死んだことを知ると、被害を減らすため、即座に領地へ帰っていきました。

自軍を撤退させる里見義堯

自軍を撤退させる里見義堯

そのため、義明の残軍の士気はガタ落ち。

そのまま総崩れとなり、第一次国府台合戦は北条軍勝利で終わったのでした。

その後

第一次国府台合戦に勝利した北条氏綱は、その勢いで

  • 小弓城(小弓公方の本拠地)
  • 真里谷城(真里谷家の本拠地)

を占領、信応を降伏させました。

小弓城、真里谷城を占領する北条氏綱

小弓城、真里谷城を占領する北条氏綱

そのため、北条家に味方した信隆が次の当主となり、真里谷家は北条家の味方となりました。

第二次国府台合戦まで

次は第二次国府台合戦が始まるまでを解説していきます。

北条家を裏切る太田康資

第二次国府台合戦が起こったきっかけは、太田康資の裏切りにありました。

康資は北条家の家臣で武勇に優れており、数々の戦に勝利している武将。

ですがある時、戦いに勝利した康資に対し少ししか褒美が与えられませんでした。

不満を持った(諸説あり)康資は、

いっそのこと北条家を見限って、一族の太田資正がいる上杉家に仕える

ことを決めます。

しかし途中で裏切りがバレてしまったため、康資は寝返ることに失敗。

急遽、一族の資正の下に逃れました。

ですが資正1人の力では、到底北条家に対抗できません。

資正の主君、上杉謙信は危機を感じ

今の私には余力がないから、代わりに里見家に助けさせよう

と考えます。

太田康資を助ける里見家

里見家はこの要請に応じ、義堯の嫡男の里見義弘を大将に、12000の軍勢で国府台城に入城、救援の準備を整えました。

国府台城に入城する里見義弘

国府台城に入城する里見義弘

一方の北条家も、新たに当主となった北条氏康を大将に、20000の軍を江戸城から出発させ、決戦の覚悟を決めます。

江戸城から進軍を始める北条氏康

江戸城から進軍を始める北条氏康

第二次国府台合戦

ここから第二次国府台合戦の解説に入ります。

申し訳なくなって突撃

こうして進軍を始めた北条軍でしたが、康資の親戚である

  • 遠山綱景
  • 富永直勝

という武将は

親戚なのに裏切りに気づけなかったから、せめて主君のために康資を倒そう

という考えでいました。

そのため早く倒そうと焦っていた綱景と直勝は、里見軍に突撃。

里見軍に突撃する遠山綱景と富永直勝

里見軍に突撃する遠山綱景と富永直勝

里見軍の反撃にあい、2人とも戦死してしまいます。

北条軍はもともと、味方の千葉家の軍勢と里見軍を挟み撃ちにする予定だったため、この突撃によって、計画は崩れてしまいました。

余裕たっぷりの里見軍

北条家の重臣2人を討ち取り、余裕ができた里見義弘は、戦勝祝いとして酒宴を開くことにしました。

ちょうどこの時は正月過ぎだったので、正月祝いの意味も込められているのでしょう。

こうして酒宴を開いたことによって、里見軍の間には油断が生まれていました。

決死の夜襲

里見軍が酒宴をしていた頃、北条軍では夜襲をかけることを決めていました。

家臣が死んだといえど北条軍の主力は無傷で、里見軍も酒を飲んでいる最中。

夜襲をするにはうってつけの状況だったのです。

そのため北条家は、撤退するフリをするため深夜に江戸川を往復。

突如、里見軍に攻めかかったのです。

里見軍に夜襲をかける北条氏康

里見軍に夜襲をかける北条氏康

里見軍の兵はベロベロに酔っていたので、まともに戦えるはずがありません。

次々と北条軍に討ち取られていきました。

里見義弘、命からがらの脱出

しかも、北条家が工作を仕掛けた里見軍の主力、土岐為頼が義弘を裏切って戦場から離れて行きました。

戦場から撤退する土岐為頼

戦場から撤退する土岐為頼

里見軍はさらに戦力が減り、もはや総崩れ。

身の危険を感じた義弘は、家臣たちに囮になってもらい、その場から脱出。

戦場から命からがら脱出する里見義弘

戦場から命からがら脱出する里見義弘

なんとか生き延びることに成功しました。

その後

義弘はこの敗戦によって、重臣の正木時茂を失ってしまいます。

また北条家は、為頼や時茂の弟の正木時忠を従わせ、さらに勢力を拡大していくことになりました。

まとめ

  • 小弓公方の誕生によって第一次国府台合戦が起こった
  • 足利義明が正面衝突したことで北条家が勝利した
  • 第一次国府台合戦によって北条家は小弓公方と真里谷家を下した
  • 太田康資の離反によって第二次国府台合戦が起こった
  • 北条軍の夜襲が成功し北条家が勝利した
  • 第二次国府台合戦によって北条家は勢力拡大した

最後まで読んでいただきありがとうございました。