戦の図鑑

超わかりやすく戦を図解で解説していきます!

九頭竜川の戦いとは?300000の軍勢を撃破した戦いをわかりやすく図解解説!

九頭竜川の戦い

 今回は「九頭竜川の戦い」について解説してしていきます。

この戦いは、朝倉宗滴と北陸の本願寺門徒が戦いました。

この戦いで宗滴は、約10000の軍勢で300000(諸説あり)という、前代未聞の大軍を撃破することになります。

九頭竜川の戦いまで

まずは九頭竜川の戦いが始まるまでを見ていきましょう。

加賀一向一揆

九頭竜川の戦いが始まったきっかけは、「加賀一向一揆」にありました。

加賀一向一揆とは、簡単に言うと

守護大名の富樫政親に使い捨てられた本願寺門徒が、政親に復讐をした一揆です。

この一揆によって政親は自害したので、この頃は実質的に門徒のトップが加賀国を支配していました。

 詳しくはこちらで解説しています。

ikusa-zukan.com

北陸への拡大

こうして加賀国を支配するようになった門徒は、次に現在の北陸地方(越前国・能登国・越中国)にも勢力を拡大しようと企みます。

北陸まで広がる一向一揆

北陸まで広がる一向一揆

そしてここからは本願寺門徒による、越前国の侵攻を解説していきます。

この越前国侵攻には、大きく分けて

  • 本願寺門徒&甲斐家vs朝倉貞景
  • 本願寺門徒&朝倉元景vs朝倉貞景
  • 本願寺門徒vs朝倉宗滴九頭竜川の戦い

と3つの戦いがありました。

朝倉家のライバルが一向宗と組む

1つ目の戦いは、甲斐家と組んだ本願寺門徒によって起こりました。

甲斐家は、越前国と遠江国のNo.2として君臨していた一族。

しかし応仁の乱によってNo.3の朝倉家に取って代わられ、越前国では力を失っていました。

そのため、朝倉家を恨んでいた甲斐家は

加賀国を支配している本願寺門徒と協力して越前国を取り返そう

と考え、門徒の力を借りて越前国へと攻めていくことになりました。

本願寺門徒と協力して越前国へ侵攻する甲斐家

本願寺門徒と協力して越前国へ侵攻する甲斐家

これに対する朝倉家は、当主の朝倉貞景を総大将として迎撃をします。

そして両軍は衝突し、結果は朝倉家の勝利。門徒は加賀国へと退却していきました。

朝倉貞景に撃退され加賀国へ撤退する甲斐家と本願寺門徒

朝倉貞景に撃退され加賀国へ撤退する甲斐家と本願寺門徒

朝倉家一門が一向宗と組む

2つ目の戦いは、朝倉元景と組んだ本願寺門徒によって起こりました。

元景は、朝倉家の一族で貞景の叔父。

しかし母親の身分が下だったので、後に生まれた由緒正しい血筋の弟よりも下に見られていました。

日頃から良い扱いを受けていなかった元景は、ついに不満が爆発。

弟の教景を殺してしまいます。

そのため元景は越前国を逃げていきました。

その後は弟の朝倉宗滴と協力して、貞景を暗殺する計画を立てます。

しかしその宗滴が裏切り、貞景に密告。

計画がバレた元景は加賀国へ入国し、門徒の力を借りて貞景に決戦を挑みます。

本願寺門徒と共に越前国への侵攻を始める朝倉元景

本願寺門徒と共に越前国への侵攻を始める朝倉元景

しかし、またも貞景の勝利。元景は能登国へ逃げ、そこで病死してしまいました。

能登国へ逃げる朝倉元景と加賀国へ逃げる本願寺門徒

能登国へ逃げる朝倉元景と加賀国へ逃げる本願寺門徒

北陸の門徒を結集

こうして2度の戦いに勝利した朝倉家でしたが、まだまだ安心はできませんでした。

加賀国、能登国、越中国の門徒が結集して、朝倉家に再び侵攻を始めたのです。

加賀国と能登国と越中国の門徒を集めて越前国への侵攻を始める

加賀国と能登国と越中国の門徒を集めて越前国への侵攻を始める

門徒の合計は、約300000。さすがにこの量は多すぎなので嘘だとは思いますが、それくらい多かったということでしょう。

対して宗滴を対象とした朝倉軍は10000(8000~16000)。圧倒的な兵力差でした。

九頭竜川の戦い

九頭竜川を挟んで布陣

門徒を待ち受ける宗滴は、九頭竜川の中の郷という場所に本陣を置きます。

その後越前国に着いた門徒も、宗滴と九頭竜川を挟んで布陣をしました。

布陣を完了させる両軍

布陣を完了させる両軍

川を渡っての激戦

布陣を終えた両軍は、しばらくの間睨み合いをしていましたが、ついに戦いが始まります。

一揆勢が九頭竜川を渡り、朝倉軍が待ち受ける形で激戦が始まりましたが、一揆勢の武将が次々と討たれていったので、朝倉軍がだんだん有利になっていきました。

優勢に戦いを進める朝倉軍

優勢に戦いを進める朝倉軍

宗滴と貞景、意見の一致

朝倉軍が有利に戦いを進めていることを知った宗滴は

夜中の間にこちらも川を渡って、相手に奇襲をかけよう

と考えますが、敵軍は自軍の何倍何十倍もいるので、宗滴は奇襲をしても成功するのか不安でした。

そこに、貞景から

敵軍に奇襲をかけよう

との指示が下ります。

この意見の一致によって宗滴は自信を持ち、夜襲を仕掛けることになります。

川を渡って夜襲

こうして宗滴の指揮の元、川を渡っての夜襲が始まりました。

油断していた一揆勢は、奇襲をかけられたことを知ると、大慌て。

まともに戦うこともできず、門徒は次々と討たれていきます。

夜襲を成功させる朝倉宗滴

夜襲を成功させる朝倉宗滴

この夜襲が成功したことによって、朝倉軍の勝利は確実になっていったのです。

一揆勢の総崩れ

次々と兵が討たれていった一揆勢は、攻撃をやめて退却を始めることになります。

また、逃げる途中で川溺れる兵も多くいたそうです。

こうして一揆勢は九頭竜川から撤退、この九頭竜川の戦いは朝倉軍の勝利で終わりました。

総崩れとなる本願寺門徒

総崩れとなる本願寺門徒

その後

その後、九頭竜川の戦いで勢いづいた朝倉軍は、一向宗を布教する拠点の吉崎御坊を壊し、門徒は越前国への足がかりを完全に失ってしまいました。

まとめ

  • 加賀一向一揆を成功させた門徒が越前国に侵攻し、九頭竜川の戦いが起こった
  • 朝倉宗滴の奇襲によって九頭竜川の戦いは朝倉軍が勝利した
  • その後、朝倉軍は布教拠点の吉崎御坊を破壊した

最後まで読んでいただきありがとうございました。