戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

教興寺の戦いとは?三好vs畠山、畿内での最強決定戦をわかりやすく解説!【図解】

教興寺の戦い

 「教興寺の戦い」は、新興勢力として頭角を現した三好長慶が、古くからの畿内の有力大名畠山高政に対して起こした戦い。

両者とも全兵力を結集して行ったこの総力戦は、長慶率いる三好家が勝利。

弟の三好実休を失うも、畿内での覇権を握ることになりました。

教興寺の戦いまで

家臣の反乱に手こずる畠山高政

室町幕府が開かれてからの名門、畠山家はこの時窮地に立たされていました。

三好長慶の台頭

三好家はもともと細川家という一族の一家臣で、当初そこまで影響力を持ってはいませんでした。

細川家というのは将軍に次ぐ名家で、全盛期には「明応の政変」で将軍を変えるほどの力を持っていました。

ikusa-zukan.com

しかし「永正の錯乱」という内乱が起こると、細川家は20年もの間一族で争い混乱します。

ikusa-zukan.com

その間に着々と力をつけていった三好家は、次第に細川家を凌ぐ力をつけていくことに成功。

長慶の代になると力の関係は逆転、主君の細川晴元は「長慶の操り人形」と化していました。

家臣の反乱に手こずる畠山高政

一方の畠山家はというと、この時窮地に立たされていました。

なぜなら、新興勢力である三好家が畠山家に対して圧力をかけてきたから。

しかも、そんな時に重臣の遊佐長教が暗殺されていたので、特に混乱した状態でした。

この混乱は結局、家臣の安見宗房が長教を殺した犯人を討伐し、終結。

しかし、今度はこの宗房が

安見宗房
高政倒せそうだな
 

 と高政に謀反、高政は紀伊国に追い出されてしまいました。

紀伊国に追い出される畠山高政

困った高政は

畠山高政
仕方ないから三好家の力を借りるか
 

と三好長慶に協力を求め、宗房に対抗します。

そして

三好長慶
この戦いは畿内に勢力を伸ばすチャンスだな
 

 と見た長慶は兵を率い、宗房の本拠地である飯盛山城を獲ることに成功します。

敗れた宗房は大和国へ逃げていき、事件はこれにて一件落着しました。

大和国へ逃げる安見宗房

六角&畠山同盟で三好に対抗

これで畠山家は敵対する勢力を排除したのですが、高政には

畠山高政
畿内に進出してきた長慶が、いずれ畠山家に攻めてくるのでは無いか
 

 という不安がありました。

そのため高政は、宗房を大和国から呼び戻し仲直りします。

長慶を恐れた高政は、逆に長慶を倒すことを目論んでいたのです。

そんな中、高政に接近してきたのが六角家。

細川晴元の姉婿である六角義賢は、晴元が長慶に幽閉されると激怒。

そんな六角家から

六角義賢
共に三好長慶を倒さないか
 
そうしよう
 
畠山高政

 と同盟の提案が来たため、両者は協力して三好家を倒すことになりました。

将軍地蔵山の戦い

そんな中、長慶の弟であり「鬼十河」と恐れられた猛将、十河一存が急死します。

この死を知った高政は

畠山高政
この隙をついて攻め込もう
 

 と長慶を突如裏切り、一存の居城であった岸和田城を取り囲みました。

岸和田城を包囲する畠山高政

そしてこの動きに、同盟相手の義賢も動きます。

家臣に囮として将軍山城に籠らせ、自身は野外に出て、敵軍を迎え撃つ形をとったのです。

将軍山城で防戦の構えを取る六角義賢

これに対して長慶は、岸和田城の救援部隊として弟の三好実休を向かわせます。

岸和田城の救援に向かう三好実休

また、息子の三好義興や重臣の松永久秀に義賢の撃破を命じました。

六角義賢の撃破に向かう三好義興と松永久秀

この、義賢と義興&久秀とで起こった戦いが「将軍地蔵山の戦い」。

序盤は、三好軍が将軍山城を占領するなど優位に立ちますが、次第に形勢逆転。

最終的には、六角軍の弓攻撃によって三好軍は総崩れとなり、六角家がこの前哨戦を制しました。

将軍地蔵山の戦い

そしてこの「将軍地蔵山の戦い」により、三好家を追い出した義賢は京都を制圧することになります。

久米田の戦い

一方、実休率いる救援部隊は、岸和田城周辺の貝吹山城におり今だに健在。

三好家が逆転するチャンスはまだありました。

それから畠山、三好両軍はなんと7ヶ月もの間睨み合いを続けます。

その後

畠山高政
三好軍が鬱陶しいな
 

 と感じた高政が貝吹山城に攻め込み、戦いが起こります。

久米田の戦い

久米田の戦い」と呼ばれたこの戦いも、始めは三好軍が有利に進めます。

しかし、畠山軍に裏を取られたのをきっかけに三好軍は崩壊。

大将である実休は三好軍から孤立し、討たれてしまうこととなりました。

久米田の戦いで討たれる三好実休

長慶を包囲するも失敗

この「久米田の戦い」で勢いに乗った高政は

畠山高政
この機に乗じて長慶を封じ込めよう
 

 と、長慶の居城である飯盛山城を包囲します。

飯盛山城を包囲する畠山高政

しかし、流石は三好家の本拠地。

大規模な改修を行ったこの城の守りは堅く、畠山軍は2度総攻撃をするも、飯盛山城は全く落ちる様子を見せませんでした。

その間に、敗走していた三好軍は、義興や久秀が中心となって軍を総結集させます。

軍を再結集させる三好義興と松永久秀

このことを知った高政は

畠山高政
義興らが私たちに戦いを挑んでくるだろう
 

 と思い、飯盛山城の包囲を解いて戦いの準備を進めました。

そのため、包囲から解かれた長慶は三好軍と一旦合流。

長慶自身は引き続き飯盛山城に残り、義興は畠山軍に向かい合う形で布陣を完了させました。

そして両軍は、教興寺の地にて衝突することになります。

教興寺で衝突する両軍

教興寺の戦い

雨を利用し積極的に攻める三好軍

そして三好軍の先鋒が、畠山軍に攻撃を仕掛ける形で教興寺の戦いが始まりました。

教興寺の戦いの開戦

この戦いは全体的に三好軍が積極的に攻める、といった戦局だったそう。

ちなみに、この時の天気が雨だったそうなので、鉄砲を多く持っていた畠山軍には不利な状況でした。

なので、畠山軍は積極的に攻められず、守りの姿勢だったのかもしれません。

湯川直光の戦死で総崩れに

このような天気の都合もありつつ、三好軍が戦いを有利に進めていきました。

そんな中、畠山軍の武将湯川直光が、義興の攻撃を受けて戦死します。

三好義興の攻撃を受けて戦死する湯川直光

この戦死で、三好軍の勝利が確実なものに。

直光の死によって畠山軍は崩されていき、総崩れとなって敗走していきました。

総崩れとなる畠山軍

その後

この後、勝利した三好軍は畠山軍の残党を徹底的に倒します。

また、畠山軍の敗北を知った義賢は

六角義賢
三好家を相手にすると痛い目見るな
 

 と、三好家の下へ降伏することになりました。

【参考】

教興寺の戦い - Wikipedia

将軍山城 - Wikipedia

久米田の戦い - Wikipedia

飯盛山城 - Wikipedia