戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

三河一向一揆とは?二つに分かれた徳川家の危機をわかりやすく解説!【図解】

 「三河一向一揆」は、三河国を治めていた若き日の徳川家康に対し、本願寺門徒が起こした一揆。

この一揆には徳川家臣も多く参加し、家康の「三大危機」と言われるほどのピンチに陥ります。

しかし家康はこの一揆の鎮圧に成功、以前よりも三河国の結束力が高まる結果となりました。

三河一向一揆まで

桶狭間の戦いで独立

まず始めに、三河一向一揆以前の徳川家康について見ていきましょう。

家康が新たに当主になった頃の松平家は、今川家の家臣という立場でした。

しかし「桶狭間の戦い」で今川家当主の今川義元が戦死すると、家康は

徳川家康
この機に乗じて今川家から離れよう
 

 と、今川家からの独立に成功します。

また、今川家の敵である尾張の織田家とも同盟を組み(清洲同盟)、積極的な勢力拡大を目指すようになりました。

因みに家康はこの時、苗字を松平から徳川に変えています。

諸説ある一揆の原因

そんな矢先、家康に試練が訪れます。

西三河の本願寺門徒が、徳川家臣を巻き込んで一揆を起こしたのです。

これが後にいう「三河一向一揆」。

この一揆が起きた理由には

  • 家臣の酒井正親が本證寺に入った者を勝手に捕まえた
  • 家臣の菅沼定顕に上宮寺の兵糧を盗ませた

といった様々な説があります。

因みに当時

  • 本證寺
  • 上宮寺
  • 勝鬘寺

の3つの寺は「三河三ヵ寺」と呼ばれ、三河国の本願寺の拠点となっていました。

そしてこの寺には守護使不入という、簡単に言えば「守護(この場合は家康)が勝手に寺に入ってはいけない」という権利が与えられていました。

そのため、家康が守護使不入を破ったから一揆が起きた、という点はどの説も同じなんです。

三河一向一揆

家臣の多くが家康を裏切る

このようにして、家康に対し

空誓
守護使不入を守らない徳川家康は敵だ
 

 と不満を持った本證寺第十代の空誓という僧侶が、上宮寺と勝鬘寺に呼びかけ、一揆が発生しました。

この一揆は、ただの反乱ではなく

  • 三河国における家康の敵対勢力(吉良家など)
  • 今川家の残党

なども参加し、さらには

  • 本多正信
  • 本多正重
  • 渡辺守綱
  • 蜂屋貞次
  • 夏目吉信
  • 内藤清長
  • 加藤教明
  • 酒井忠尚
  • 石川康正

といった徳川家臣の多くが参加した大規模なもの。

そのため、一時は本拠地の岡崎城まで攻め込まれるなど、家康は大ピンチに陥りました。

馬頭原合戦で徳川勝利へ

しかしそれから家康は巻き返し、馬頭原合戦での勝利により、戦局は家康有利に傾きます。

そして一揆発生から約半年後、ついに和議がなされ一揆が鎮圧されました。

因みに、一揆に参加した武士の中には

武士
本願寺を信じたいけど主君には逆らいたくない
 

 と、家康に敵対することに苦しむ者も多くいた事も、鎮圧の理由の1つだとされています。

その後

その後、家康は敵対した家臣の多くを許し、家臣との結束力を高める結果となりました。

しかし本願寺に対しては、20年近く三河国を本願寺を禁止にするなど、厳しく対処をすることになります。

またこの一揆によって家康は、三河国での敵対勢力を排除することに成功、三河国の統一に繋がっていくこととなりました。

【参考】

三河一向一揆 - Wikipedia

徳川家康 - Wikipedia

守護使不入 - Wikipedia