戦の図鑑

20:00に不定期更新しています。

上田原の戦いとは?武田信玄、生涯初の敗戦!村上義清の奮闘をわかりやすく解説!【図解】

上田原の戦い

 「上田原の戦い」は、破竹の勢いで領地を拡大する若き武田信玄を、小領主である村上義清が迎え撃った戦い。

この戦いで、当時無敗を誇っていた信玄は初の敗北をし、重臣を多く失うことになります。

上田原の戦いまで

武田家のクーデター

当時武田家の当主だった武田信虎は、混乱状態にあった甲斐国を統一します。

甲斐国を統一する武田信虎

しかし、弟の武田信繁を可愛がりすぎたため

武田信玄
父は私を後継者としてみていないのか
 

 嫡男の武田晴信(信玄で統一)の不満を買っていました。

また信虎は災害時も戦いを行ったので、農民や武士からも

農民と武士
凶作で兵糧が無いにもかかわらず戦いをするとは何事だ
 

 不満が高まってきていました。

そんな中、板垣信方甘利虎泰といった重臣が、信虎が出かけに行ったタイミングを見計らって国境を封鎖し

板垣信方
甘利虎泰
これからは当主を信玄様とする
 

強引に信玄を当主の座につける、という事件が起こります。

これによって信虎は強制的に隠居となり、甲斐国から追放されてしまいました。

武田信玄の領地拡大

新しく当主となった信玄は、積極的に領地拡大へ動きます。

これまで同盟関係だった信濃国の諸勢力へ侵攻を始めたのです。

そして信玄は、

  • 上原城(諏訪頼重)
  • 長窪城(大井貞隆)
  • 高遠城(高遠頼継)
  • 福与城(藤沢頼親)
  • 内城(大井貞清)
  • 志賀城(笠原清繁)

を攻略、瞬く間に信濃国のおよそ半分を制覇しました。

信濃国半国を占領する武田信玄

北信濃に立ちはだかる村上義清

しかし、ここで新たな強敵が現れます。

それは猛将、村上義清

葛尾城を本拠地としていた義清は、勢いを強める武田家と国境を接していたのです。

武田家の成長を許さない義清は、自ら兵を率いて出陣。

信玄もこれに応じて向こう岸に布陣を敷き、いよいよ上田原の戦いが起こることになります。

武田軍と村上軍の布陣

上田原の戦い

武田家有利で開戦

こうして両軍は、上田原で激突することになりました。

兵数は武田軍8000に対し、村上軍5000と武田家が有利。

そのためか、先鋒の板垣信方が村上軍先鋒と交戦すると、村上軍を撃破

勢いづいた信方はさらに奥深くの村上軍を攻撃し、兵数も戦況も、武田軍の優勢で進んでいきました。

村上軍先鋒を撃破する板垣信方

油断した信方を討つ

しかし、この後の信方の行動が戦況を一変させます。

信方はその場で、首実検(討ち取った首の身分の確認)を始めたのです。

首実検をしている、というのは

板垣信方
この戦いは勝ったぞ
 

と言っているようなもので、信方が完全に油断している証拠でした。

そして村上軍はその隙をつき、一斉に信方に反撃。

敵陣深くまで食いこんでいた信方は、逃げられず戦死します。

戦死する板垣信方

隊長を失った武田家先鋒は大混乱、後ろの本陣にまで動揺を与えることになりました。

信玄本陣に攻撃、劣勢も踏ん張る

こうして先鋒を倒した村上軍は、ついに武田軍本陣へ攻め込み激戦となります。

この激戦具合というのは、信玄自身が2ヶ所傷を負ったというほど。

武田軍にはここから戦局を巻き返せず、犠牲を増やしましたが、退却だけはしませんでした。

それは

武田信玄
退いてしまえば、背後を村上軍に攻撃される
 

 と考えたから。

この意地の踏ん張りには、さすがの村上軍も少なからず犠牲が出ます。

こうして死者が増えた村上軍は、勝者にもかかわらず退却していきました。

退却する村上義清

その後

こうして武田家が初の敗北を喫すると、信濃国では立て続きに反乱が起こります。

が、後に信玄は全ての反乱を鎮圧。村上家へリベンジマッチを挑むことになります。

【参考】

上田原の戦い - Wikipedia

武田信玄 - Wikipedia

村上義清 - Wikipedia