一言坂の戦いとは?家康、武田軍の動きを読めず。三方ヶ原の戦い前哨戦をわかりやすく解説!

スポンサーリンク

 「一言坂の戦い」は、「西上作戦」で三河国へ攻め込んだ武田信玄と、それを迎え撃つ徳川家康の間で起こった戦。

家康の予期しないタイミングで開戦したため、家康は撤退を即決。

本多忠勝の奮戦で撤退に成功するも、信玄に二俣城を取られる結果となりました。

スポンサーリンク

一言坂の戦いまで

西上作戦

 武田信玄は「駿河侵攻」で同盟相手の今川家を裏切ったことにより、最終的に北条家と徳川家の2家を敵に回します。

ikusa-zukan.com

 その後、当主の北条氏康が病死すると武田家と北条家は再び同盟を締結(甲相同盟)。

武田信玄
背後からの危険が無くなったことだし、徳川家を攻めるか
 

 徳川家の討伐を始めることになりました。

重要拠点、二俣城の危機

この「西上作戦」と呼ばれる作戦を始動させた信玄は、総勢30000の軍を

  • 山県昌景隊…三河国へ侵攻
  • 秋山虎繁隊…山県隊と共に三河国へ侵攻(その後美濃で上村合戦を起こす)
  • 武田信玄本隊…2隊の出陣の後、遠江国へ侵攻

3手に分けて進軍させました。

三河国へ侵攻した昌景は、降伏した奥三河の支配者「山家三方衆」に案内をさせ、いくつかの城を落とします。

そして三河国での戦果に満足した昌景は、遠江の武田軍本隊の元へ合流していきました。

一方の信玄は、家康を裏切った天野景貫を案内役に

  • 天方城
  • 一宮城
  • 飯田城
  • 挌和城
  • 向笠城

などの城を1日で全て陥落させます。

その間、信玄から5000の兵を預かった馬場信春

武田信玄
別働隊として本隊と別れて行動せよ
 
分かりました
 

馬場信春

 

と別働隊となり、只来城を落として二俣城へ向かい攻撃を始めました。

 そしてこの二俣城は

  • 浜松城(徳川家の本拠地)
  • 掛川城(浜松城の支城)
  • 高天神城(浜松城の支城)

を結ぶ重要拠点。

家康にとっては、この状況を黙って見ているわけにはいかず

徳川家康
二俣城を取られては家臣からの信用を失ってしまう
 

 と考えた家康は、武田軍を迎え撃つべく出陣することにしました。

しかし昌景の侵攻により三河国からの徴兵ができず、かき集めた軍勢はわずか8000

武田軍との戦力差は圧倒的なものでした。

一言坂の戦い

徳川本隊の撤退

武田軍に向かって出陣を開始した家康はまず、本多忠勝内藤信成を先鋒にして武田軍の動向を探らせます。

すると先鋒は、思ったよりも早く武田軍と遭遇することに。

予想外の遭遇に焦った先鋒は直ちに軍を退きますが、武田軍が攻めかかってきたため戦闘が開始。

戦いが始まると、家康は

徳川家康
兵力差もあるし、戦いの準備をしてなかったから多分勝てないだろう
 

 と考え、犠牲を少しでも減らすため退却の判断を下します。

本多忠勝大久保忠佐に殿として戦場に残らせると、家康率いる本隊は浜松城まで撤退していきました。

忠勝、決死の退却

残された忠勝は、地形的な不利もあいまって絶体絶命の危機に。

馬場信春の突撃を食らい、小杉左近の鉄砲攻撃を受けた忠勝隊は

本多忠勝
このままでは居ても壊滅するだろうから、一かバチか突撃しよう
 

 と左近に向かって敵中突破を決行、左近はあえて攻撃せずに軍を通したため、忠勝はなんとか戦場からの離脱に成功したのです。

その後

この戦いで家康は大損害こそ免れたものの、屈辱的な敗北を喫します。

また、家康は二俣城の救援に失敗したため、邪魔の無くなった信玄は二俣城を陥落させることになります。

【参考】

一言坂の戦い – Wikipedia

西上作戦 – Wikipedia

三方ヶ原の戦い – Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました