本圀寺の変とは?足利義昭が大ピンチ!?将軍の襲撃事件をわかりやすく解説!【図解】

Uncategorized
スポンサーリンク

 「本圀寺の変」は、将軍争いを勝ち抜き新たに将軍となった足利義昭が、敵対する三好三人衆に襲撃される事件。

この戦いが起きた時、義昭の支えとなる織田信長はおらず、義昭は「永禄の変」と同じピンチとなりますが、幕府軍の奮戦により撃退

三好三人衆の勢力を衰えさせる結果となりました。

スポンサーリンク

本圀寺の変まで

義昭vs義栄~織田信長vs三好三人衆

時は1566年、当時将軍だった足利義輝

足利義輝
将軍である私が自ら政治を行う
 

 という方針だったため

三好三人衆
将軍は私たちの言うことを聞いていればいい
 

 と、将軍の権力を手中に収めたい三好三人衆と対立します。

  そして義輝が邪魔になった三人衆は、ついに「永禄の変」で義輝を暗殺します。

ikusa-zukan.com

 そして次期将軍には、自分たちの言うことを聞く足利義栄を擁立。

将軍の力を手中に収めることに成功します。

しかし義輝の弟である足利義昭は、義栄の将軍就任に不満を持ちます。

そこで

足利義昭
将軍は義栄ではなく私だ
 

 と義昭が将軍になることを決意、さまざまな反三次の大名に協力を要請します。

そこで

織田信長
私が義昭様を将軍にさせましょう
 

 と名乗りを上げたのが、織田信長でした。

これにより、信長は必然的に三好三人衆と敵対し、足利義栄=三好三人衆vs足利義昭=織田信長という構図が出来上がったのです。

信長の上洛戦

義昭を将軍にさせることを決めた信長は、すぐさま義栄=三好三人衆を排除すべく、上洛戦を開始します。

しかし1度目の上洛戦では、隣国の斎藤龍興が休戦の約束を破り、攻めてきたため失敗。

この龍興の妨害には、三人衆が裏で指示していたと言われています。

その後「稲葉山城の戦い」で斎藤家を滅ぼし、美濃国を手に入れた信長は、2度目の上洛戦に挑むことに。

ikusa-zukan.com

この戦いは結果として勝利に終わり、負けた三人衆らは畿内から四国に撤退しました。

義昭の将軍宣下

このようにして義昭と信長は、自らの邪魔者を畿内から追い出されることに成功します。

しかもこの時義栄は病死しており、将軍の座は空位の状態。

ライバルの居なくなった義昭は、こうして将軍宣下を受け、念願の将軍に任命されたのでした。

本圀寺の変

信長の帰国の隙を着いて

義昭が将軍に就任したことを見届けた信長は、領国運営のため一旦岐阜城へと帰ります。

そして三人衆に抵抗してきた松永久秀も、協力してくれた信長にお礼を言うため、後を追うように岐阜へと向かいました。

となると、京都には信長や久秀といった義昭派の主戦力は居なくなります。

そこで動いたのが三好三人衆。

三好三人衆
信長の居ないうちに義昭を倒してしまおう
 

と考え挙兵した三人衆は、逃亡していた斎藤龍興を先鋒とし、義昭を倒すべく侵攻を開始したのです。

義昭の逃げ道を塞ぐ

挙兵した三人衆は、堺に上陸。家原城を落とすと、京都へと向かっていきました。

そして義昭を取り囲むように、将軍地蔵山城など御所周辺の拠点を燃やします。

これにより義昭は逃げ道を塞がれた格好となり、幕府は大ピンチを迎えます。

幕府軍の奮戦

そしてこの時、三好軍が突然攻めてきたため、幕府は兵力をほぼ用意できていませんでした。

そのため義昭を守る幕府軍は2000程しかおらず、三好軍の10000に比べ兵数不利だったため

足利義昭
今はとりあえず三好軍の攻撃に耐え、援軍が来るのを待とう
 

 との結論に至り、本圀寺にて防戦の構えを取ります。

そして本圀寺にて、幕府軍と三好軍との戦いが開始。

形勢は幕府軍不利でしたが奮戦し、三好軍の侵入を幾度も防ぐことに成功します。

ちなみにこの時、後に信長に仕える明智光秀がこの場におり、奮戦していたそう。

細川藤孝らの救援

このように幕府が奮戦を見せたことにより、三好軍では大きな犠牲を出します。

そしてその翌日、幕臣の細川藤孝を中心とする援軍三隊が到着。

この援軍が、三方向から一斉に三好軍を攻撃したため、戦局は大逆転。

敗北を確信した三好軍は撤退を開始しますが、幕府軍に追撃され合戦を行うことに。

そして桂川河畔で起こった合戦に敗れた三好軍は総崩れ

三好軍は、数百から数千の戦死者を出して敗走していきました。

その後

その後、義昭の危機を知った信長は急いで本圀寺へ向かいます。

しかし信長が着いた頃には、本圀寺の変の決着はついていました。

そして

織田信長
次同じことが起こった時のため、防衛に向いた将軍御所を作るべきだ
 

 と考えた信長は、新たな将軍御所となる二条城を築城したのでした。

【参考】

本圀寺の変 – Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました