三増峠の戦いとは?両軍戦死者1000人超!信玄と氏照の激戦をわかりやすく解説!【図解】

Uncategorized
スポンサーリンク

 「三増峠の戦い」は、同盟相手の今川家を裏切った武田信玄と、今川家の同盟相手の北条家北条氏照との間で行われた戦。

緒戦では北条軍が勝利しますが、武田家家臣の山県昌景の奇襲により形勢逆転。

信玄は左翼軍大将の浅利信種を失いますが、結果は武田軍の勝利に終わりました。

三増峠の戦いまで

駿河侵攻で武田vs北条に

時は1568年、武田信玄は以前から隣国の今川義元北条氏康とで組んでいた「甲相駿三国同盟」を破り、今川家へ攻め込みます(駿河侵攻)。

ikusa-zukan.com

 そして信玄の裏切りに怒ったのが、もう1人の同盟相手である氏康。

信玄の同盟破棄を知った氏康は、信玄のライバル上杉謙信と同盟(越相同盟)を組み、武田家と敵になる道を選びました。

小田原に北条軍を誘い込む

越相同盟から約4ヶ月が経った頃、信玄が駿河へ3度目の侵攻を始めます。

信玄はこれまで、北条軍の妨害や徳川家の横取りにより、今川領へまともに侵攻できていなかったのです。

しかし、信玄が侵攻することは北条家も予測済み。

事前に駿河方面に兵を多く防衛に置いていました。

そのため、信玄は

武田信玄
小田原城を攻めて北条の戦力を駿河から小田原に集中させよう
 

 とあえて北条家の本拠地、小田原に攻めることを思いつきます。

これにより、氏康は小田原城に籠らざるを得なくなり、駿河の防衛を薄くすることに成功。

「堅城」小田原城を落とすことが不可能だと分かっていた信玄は

武田信玄
北条軍を城外に出し、合戦で打ち破ろう
 

 と小田原城に向かって挑発をしかけます。

しかし氏康はこの挑発に乗らなかったため、信玄は城の包囲を解除。

一旦、本国の甲斐へ帰国しようとしました。

そして、これを待っていたのが北条家。

氏康の子の北条氏照北条氏邦は、信玄の撤退を知ると

北条氏照
北条氏邦
武田軍を待ち伏せしよう
 

 と、武田軍の帰国するルートに軍を展開。

小田原城から進軍していた氏康との挟み撃ちを計画します。

三増峠の戦い

氏照の奇襲

そして10月6日、武田軍と氏照・氏邦軍は衝突します。

氏康率いる本軍はまだ武田軍に追いついていないものの、氏照と氏邦は

北条氏照
北条氏邦
先に武田軍を襲って相手の意表をつこう
 

と奇襲を決行。

信玄はこの奇襲を予知していたため

  • 北条軍を受け止める隊
  • 山から奇襲を仕掛ける隊
  • 津久井城(北条領)を封じ込める隊

の3つに軍を分け、戦闘に備えます。

しかし、北条軍の猛攻は信玄の想像以上でした。

武田軍の「北条軍を受け止める隊」では犠牲者が続出、北条綱成の鉄砲隊により、左翼大将の浅利信種が討死するという有様でした。

昌景の奇襲で逆転

しかしここで、先ほどの「山から奇襲を仕掛ける隊」を率いる山県昌景が北条軍に奇襲を仕掛けます。

この奇襲は成功し、北条軍は一気に不利な状況に。

しかも北条軍の援軍として待機していた、津久井城の兵が「津久井城(北条領)を封じ込める隊」に邪魔をされ、身動きが取れない状態。

そして、この時の武田軍左翼は戦死した信種に代わり、軍監の曽根昌世が指揮をしたため、左翼は勢いを取り戻します。

これらの戦況により、信玄は勝利を確信

勝鬨をあげた後、甲斐国へと帰国していきました。

その後

三増峠の戦いにより北条軍を撃破した信玄はその後、本格的に駿河へ侵攻。

各城に籠る武将を撃破し、信玄は駿河国を支配下に置くことに成功しました。

しかし重臣の浅利信種を失うなどしたため、武田家は大きくダメージを受けることになります。

【参考】

三増峠の戦い – Wikipedia

駿河侵攻 – Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました