大河内城の戦いとは?信長、北畠具教を下す!信長の伊勢奪取戦をわかりやすく解説!【図解】

Uncategorized
スポンサーリンク

 「大河内城の戦い」は、尾張国・美濃国を治める織田信長が、伊勢国の大部分を支配下とする北畠具教に挑んだ戦。

この戦いでは勝敗は決まらなかったものの、信長に有利な条件で和睦が決まります。

そしてこの戦いにより、後に北畠家は事実上滅亡。

信長は伊勢国をも手中に収めることに成功しました。

大河内城の戦いまで

北伊勢を支配下に収める

 時は1567年、尾張国に加えて美濃国をも支配下にしていた信長は

織田信長
南にある伊勢国も占領しよう
 

 と伊勢国への侵攻を考えます。

当時、伊勢国は

  • 北伊勢=神戸具盛(神戸家)、長野具藤(長野工藤家)など
  • 南伊勢=北畠具教(北畠家)

という支配体制で、信長は始めに北伊勢へ侵攻します。

具盛は信長の侵攻に対し、重臣との協力により1度は織田軍を退けます。

しかし2度目の侵攻で具盛は

神戸具盛
徹底抗戦しても利益はない
 

と思い、抗戦を断念。

信長の三男(織田信孝)を神戸家の養子にすることで、両者の和睦は成立しました。

一方の具藤も

長野具藤
信長に対し徹底抗戦しよう
 

 という考えでしたが、重臣の細野藤敦と対立し内紛が発生。

藤敦に敗れた具藤は実家の北畠家へ逃亡し、足並みの崩れた長野工藤家は信長に降伏します。

弟の織田信包を具藤の後釜に迎えた信長は、長野工藤家を取り込むことにも成功しました。

木造具政の裏切り

北伊勢を奪取した信長は、次に南伊勢の北畠家を倒そうと画策します。

そこで信長が行ったのは「敵を寝返らせる作戦」でした。

信長は家臣、滝川一益の策略により、具教の弟の木造具政を裏切らせることに成功。

弟の裏切りに怒った具教が木造城に攻め寄せるも、木造城は落ちる様子を見せませんでした。

大河内城の戦い

大軍勢で大河内城に向かう

そんな中「本圀寺の変」を終わらせ、上洛戦から帰ってきた信長は北畠家を倒すため挙兵します。その数脅威の70000。

ikusa-zukan.com

大軍勢を率いる信長は、岐阜城を出、対北畠の最前線である木造城に着陣します。

一方の具教は、信長の侵攻を知るなり木造城攻めを中断。

この時は、天然の要害である大河内城を中心に軍を分散させ、防衛に備えていました。

戦闘の準備を整えた信長は、手始めに豊臣秀吉(木下秀吉)に阿坂城を落城させます。

阿坂城は大河内城の支城なので、信長は

織田信長
大河内城を落としやすくするため、先に支城を落とそう
 

 という考えだったのでしょう。

しかし信長はこれ以降、他の支城を落とすことはなく、存在を無視するかのごとく大河内城へと向かっていきました。

居城・霧島城を焼き討ち

大河内城に着いた信長は、石垣(鹿垣)を大河内城の周辺に設置。

大河内城を厳重に包囲します。

その後、織田軍は夜襲を試みますが、雨が降ったため失敗に終わります。

すると翌日、信長は一益に命じ霧島城(多芸城)を放火させます。

そして、一益は周辺の住宅にも放火を加えました。

この行動を行った狙いとしては、持久戦に持ち込もうとした信長が

織田信長
城の兵糧を焼き、住民を大河内城に追いやれば、大河内城の兵糧は早く切れるはず
 

 という兵糧切れを狙ったものだとされています。

信長有利で和睦

そしてこの放火が功を奏したか、およそ1ヶ月後、織田家と北畠家は和睦することになります。

和睦の条件は

  • 信長の次男(織田信雄)を北畠家の養嗣子とする
  • 大河内城を信雄に譲り、具教と具房(具教の子)は他の城へ移る

という、実質「織田家勝利」といった一方的なものでした。

その後

この後、大河内城の戦いで信長を恨んだか、具教は密かに信長の敵(武田信玄)と内通します。

しかしこの事は後に信長にバレることとなり、具教や具藤は殺されることになりました(三瀬の変)。

【参考】

大河内城の戦い – Wikipedia

織田信長 – Wikipedia

長野具藤 – Wikipedia

神戸具盛 (7代目当主) – Wikipedia

三瀬の変 – Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました